本文へスキップ

おすすめ子どもロボット教室、プログラミング教室。口コミ・月謝・無料体験レポート

トップページコラム > プログラミングと英語・数学の関係

プログラミングと英語・数学の関係


ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト


プログラミングは英語算数と深い関わりがあることを知っていますか。

子どものうちにプログラムについて学んでおくと、英語や算数が得意になる可能性があります。

そこで今回は、英語や数学とどのように関係しているのかを説明します。

数学と同じく計算能力と論理的思考が必要!

算数・数学を勉強する女の子

数学では計算能力だけでなく、論理的な思考力も必要になります。

特に文章や図形の問題は、論理的に考えないと解けない問題が少なくありません。

また、プログラムを作成するとき、計算能力や論理的な思考力が必要です。

プログラムは命令の集まりですが、それぞれの実行回数や使用するデータ数などは計算によって求めます。コンピューターの世界では2進数や16進数などもよく使用されるので、変換の計算が必要になることも多いです。

また、プログラムのフローは論理的な思考によって決められます。

特に大きなプログラムは、いくつもの命令が複雑に混じり合っており、論理的に正しくなければエラーが発生してしまいます。

プログラミング言語のベースは英語!

英語を勉強中の小学校1年生

プログラムは専用の言語を用いて作成します。その言語にはさまざまな種類がありますが、基本的にベースとなっているのは英語です。

それぞれの言語には文法があり、プログラムで用いる関数や変数定義などのルールが細かく決められています。

関数などの名称になっているのは、英単語やその一部であることが多いです。

たとえば、命令の条件には「if」を使用したり、日付の定義には「date」を使用したりします。

プログラムの参考書は日本語で書かれていますが、開発環境のヘルプなどは英語で記載されていることも多いです。

また、プログラムの作成において分からないことがあると、外国のサイトを参照する必要があるケースも珍しくありません。

数学と英語に馴染めるのは大きなメリット!

プログラミングのイラスト

プログラムを作成していると、常に論理的な思考を行っています。そのため、日常生活においても論理的に考えることが習慣になりやすいです。

続けていると、数学をはじめとした理系科目の素養を身につけられるでしょう。

また、プログラムの作成中は、多かれ少なかれ英語を書いたり読んだりしていることになります。

そのため、本格的に英語を学ぶ際に苦手意識を持ちにくくなります。

プログラムを効率的に作成したいなら、英語を理解していることが望ましいです。ですから、プログラミングを好きになれば、英語を学ぼうという意欲も大きくなります。

ロボットプログラミング教室ナビゲーション