本文へスキップ

おすすめ子どもロボット教室、プログラミング教室。口コミ・月謝・無料体験レポート

トップページ茨城県 > つくば市

【つくば】ロボットプログラミング教室一覧


ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト


茨城県つくばの子供(幼稚園年長・小学生・中学生・高校生)向けロボット・プログラミング教室一覧。


ヒューマンアカデミーロボット教室人気

つくば二の宮 いくがくゼミナール
茨城県 つくば市 上原747-15-2F

つくばサイエンス・インフォメーションセンター 東葛ゼミナール
茨城県 つくば市 吾妻1-10-1 つくばサイエンス・インフォメーションセンター内

研究学園 教育総合研究所プリモ
茨城県 つくば市 研究学園4丁目4番地11 久保田メソッド能力開発教室つくば教室2F

つくば大角豆 株式会社テックライン
茨城県 つくば市 大角豆2012-678


クレファス(Crefus)

株式会社茨進 つくば竹園校
つくば市竹園3丁目23番2号

株式会社茨進 つくば学園の森校
つくば市学園の森2丁目14−2

クレファス 子供ロボット教室


トライ式プログラミング教室

研究学園駅前校
つくば市 研究学園5−12−10研究学園スクウェアビル1F

トライ式プログラミング教室 子供プログラミング教室


Axis アクシス

研究学園校
つくば市研究学園5-11-1 サーパスつくば1F

つくば万博駅前校
つくば市島名2298番地 X-STAGEI

Axisアクシス 子供ロボットプログラミング講座


kodoキッズステーション

BiViつくば教室
茨城県つくば市吾妻1-8-10 BiViつくば4F

kodoキッズステーション 子供プログラミング教室


ロビンス・ロボットスクール

つくば校
茨城県つくば市東新井19?7 メルシービル3F

ロビンス・ロボットスクール 子供ロボット教室


ロボットプログラミング教室の選び方 


ロボットプログラミング教室の選び方

選び方

『ロボットプログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってわかりやすくご紹介します。


チェックポイント

目的に合った教室を選ぼう!

ロボットを作りたいのか、プログラミングを学びたいのか、目的を明確に。

ロボット教室では、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方おこない、モノづくり全般を勉強します。

一方プログラミング教室では、パソコンでプログラミング言語を学びゲームを作る、IT系の習い事です。


教室選びポイント

通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になります。続けやすい環境の教室選びは重要。


習い事の選び方

大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。


小学生の習い事

月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。入会後に予定外の費用が発生しないかしっかり確認しましょう。


チェックポイント

体験教室に参加しよう!

飽きずに続けられるか子供のやる気をチェック!イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性、教室の雰囲気、ほかの子供たちと仲良くできそうか、確認しましょう。


無料体験レッスンに参加するには?

教室の雰囲気や教材をチェックしよう。

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト


プログラミングの雑学

C言語の配列とポインタ

プログラミングスクールの先生

C言語初心者の最難関といえばポインタでしょう。

ポインタに慣れるため、配列へのポインタを使うと感覚がつかめるかもしれません。

まず、
int a[10];
とint型の配列変数aを用意します。

(仮にa[0]には1、a[1]には2 … a[9]には10という値がそれぞれ格納されているものとします。)

次にaへのポインタ変数pを次のように用意します。
int *p;
p = a;

それでは、このタイミングで*pを参照すると値として何が見えるでしょう?

答えは0です。

ポインタ変数pは「配列aの先頭を指し」ています。

ということは「要素a[0]を指し」ていることと同じです。(p = a; というのは p = &(a[0]); と同じことです。) したがって*pつまり「pの中身」はa[0]の値である0となります。

次に
p++;
をすると、pは「要素a[1]を指す」ようになり、今度は「pの中身(*p)」はa[1]の値である1となります。

更に
p++;
とすると今度は*pが2となります。 図解するととてもわかりやすいのですが文章だけですとわかりにくいかもしれませんがそういうことです。

ここではaもpもint型を用いましたが、pの型をchar型などにしてみると面白いことを発見できるかもしれませんよ!

是非試してみてください!

ロボットプログラミング教室ナビゲーション