⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

【鶴見区】ロボット教室プログラミング教室。写真つき体験授業の口コミ評判。

横浜市鶴見区のロボット教室プログラミング教室の口コミ評判

横浜市鶴見区子ども(幼児・小学生・中学生)向けロボット教室プログラミング教室一覧。

ユウちゃん

小学1年生がいっぱい体験授業に参加したよ~。ユウちゃん母の体験レポート(口コミ)読んでね。

ヒューマンアカデミーロボット教室 おすすめ

ヒューマンアカデミーロボット教室

横浜鶴見中央
神奈川県 横浜市鶴見区 鶴見中央3-19-11 ココファン横浜鶴見
鶴見・京浜鶴見駅/鶴見市場駅

川崎鶴見矢向
神奈川県 横浜市鶴見区 矢向5丁目3-23
矢向駅/尻手駅/川崎駅

ヒューマンアカデミーロボット教室(公式サイト)

月謝・年齢・体験レポート
ヒューマンアカデミーロボット教室の無料体験授業

わが家も通学している「ヒューマンアカデミーロボット教室」。

他の教室より初期費用&月謝が安くて、きちんとした授業が受けられるので大満足!

月謝9000円(税別)。月2回、1回あたり90分。年長5歳~。

*ロボット製作を学ぶコースと、プログラミングコースあるよ。

⇒体験授業にいってきました。良い点悪い点を口コミします!

赤いロボット 無料体験の予約はこちら!

アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ

アーテックエジソンアカデミー「ロボットプログラミング教室」

パソコンスクールアビバキッズ 鶴見教室
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4‐44‐5

パソコンスクール陽だまり
神奈川県横浜市鶴見区東寺尾中台13-17

城南コベッツ矢向駅前教室
神奈川県横浜市鶴見区矢向6-6-19-2F

artecエジソンアカデミー

月謝・年齢・体験レポート
アーテックエジソンアカデミーの体験授業

月謝7,500円(税別)~。月4回~、1回60分~。小3~。

フランチャイズ経営のため運営元によって月謝・月回数・授業時間が違っていますので要注意!

低学年は「自考力キッズ」です。

⇒体験授業の感想。ロボットを組み立ててプログラミングをしたよ!

赤いロボット 無料体験の予約はこちら!

もののしくみ研究室

もののしくみ研究室

ヒーローズ 横浜鶴見校
神奈川県横浜市鶴見区菅沢町20-16

CG啓明館 鶴見スクール
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-26-1 横浜アーバンビル5F

学研教室 あさひ
神奈川県横浜市鶴見区北寺尾4-22-21

学研教室 上寺尾・馬場
神奈川県横浜市鶴見区馬場1-7-3 井藤マンション2F

もののしくみ研究室(公式サイト) 子どもロボットプログラミング教室

月謝・年齢・体験レポート

月謝8,640円。月2回、1回あたり90分。

*教室によっては別途施設費や冷暖房費がかかるところもあり。

4月はじまりの1年コース。(途中入会可)

基本的に小学3年生からですが、子どもの習熟度(文字の読み書き、文章の理解度など)によっては小学1年生からでも受講可能です。

⇒体験授業にいってきました。小学1年生の母が口コミします。

トライ式プログラミング教室

トライ式プログラミング教室

鶴見駅前校
神奈川県 横浜市鶴見区豊岡町3-25 木島ビル2F
鶴見・京急鶴見駅

トライ式プログラミング教室(公式サイト) 子どもプログラミング教室

月謝・年齢・体験レポート

1回90分の授業を全24回、半年で進めます。

週1回(月4回)の90分コースと、隔週(月2回)の1回2コマ180分のコースあり。

月謝:15,120円~(テキスト込・税込)教材費:48,600円。

⇒体験授業にいってきました。トライ式プログラミング教室の口コミ評判。

Axis アクシス

「アクシス axis」小学生ロボットプログラミング教室

矢向駅前校
神奈川県 横浜市鶴見区矢向5-6-1
矢向駅

Axisアクシス(公式サイト) 子どもロボットプログラミング講座

月謝・年齢・体験レポート

月謝7.980円。月2回、1回あたり80分。

小学3年生~小学6年生。

ロボット教材は貸し出し。初期費用にロボット教材費がかからないので気軽に始めやすい。

⇒写真つき体験レポート。メリット・デメリットを口コミ。

パソコン教室 AVIVA(アビバキッズ)

アビバキッズ aviva kids

鶴見教室
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-44-5
鶴見駅

アビバキッズ(公式サイト) 小中学生向けプログラミング教室

月謝・年齢

授業ではオリジナルカリキュラムを使って、基礎から学べます。

プログラムを組むだけでなく、オリジナルのキャラクターや、背景なども自分で作れるようになる。

D-SCHOOL オンライン

d-school ディスクール

オンラインスクールだから全国どこからでも学べます。

D-SCHOOL公式サイト 子どもオンラインプログラミングスクール

月謝・年齢・体験レポート

・対象:小学1年生~中学生

・プログラミングコース(マインクラフト・ゲーム制作)、ロボットプログラミングコース

・月謝:3,980円(税込)~

⇒マインクラフトを体験しました。オンラインでプログラミングを楽しく学ぶポイント!

⇒14日間無料体験キャンペーン

ママ

気になる教室をみつけたら体験授業にGO!ユウちゃんはたくさん体験してからイチバン楽しい教室に通いはじめたよ。

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしてね。

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー月謝が安い教材費が安い教室数が多い月2回
90分
年長~口コミ
9,00028,500全国1300
エジソンアカデミー月謝が安い教材費が安い教室数が多い月4回
60分
年長~口コミ
7,50025,000~全国900
リタリコワンダー月2回
90分
小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回
50分
年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回
50分
年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・エジソンアカデミー:レベル1
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・エジソンアカデミー:アーテックブロック
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・レゴスクール:コースにより異なる。毎年教材費がかかります。

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

*エジソンアカデミーは小4~、小3以下は自考力キッズ。

自作ロボットのイラスト

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!

プログラミングの雑学

プログラミングはマネからはじまる

小学生プログラミングスクールの先生

プログラミングを始めてみたいけど、いったい何から始めたら良いかわからないときは、サンプルやチュートリアルを見てまねをしてみると良いでしょう。

例えば、ゲームを作りたいならば、インターネットの検索で「ゲーム 作り方」などのように検索するとさまざまなゲームの作り方の情報がでてきます。

もしも、こんなゲームを作りたいという具体的なイメージがあるならば、RPGやアクションやシューティングといったジャンルも加えて検索するとより探しやすいでしょう。

現在は、ゲームを作るための開発用のツールやソフトが無料で提供されている場合もたくさんあります。

それらの開発用のツールやソフトのウェブサイトには、その使い方を説明していることがよくあります。

中には、それを使って実際にサンプルとなるゲームを作るための手順を説明している場合もあります。

説明通りにサンプルを作ることは、実際にどのようにしたらゲームが作れるのかを実体験する良い機会です。

それによって使い方に慣れてきたら、自分のアイデアを加えたオリジナルのゲームを作る手順もイメージしやすくなりますよ。