⇒体験レビュー★25校を本音で口コミ

N Code Laboの口コミ評判。ゲームプログラミングを小学生から学べる本格的スクール。

N高校・N予備校のNCodelabo

学べること【通学・クリエイティブクラス】
Unity(C#)
Swift
Python
iPhoneアプリを制作 など
【オンライン・ゲームプログラミングクラス】
Unityを用いた2D/3Dゲーム制作
【AIプログラミングクラス】
Pythonを用いたアプリ制作
オンラインオンライン対応
通学3校。新宿・秋葉原・横浜
レベル初心者~上級者
年令【通学】
小1~高校生
【オンライン】
小5~高校生
回数/時間【通学】
週1回(隔週や週2〜4回も可)
1回あたり90分
【オンライン】
週1回(週2〜4回も可能)
1回あたり90分
月謝(税込)【通学】
入会金:11,000円
隔週:14,300円
週1回:22,000円
週2回:44,000円
週3回:66,000円
週4回:88,000円
【オンライン】
入会金:11,000円
月謝:33,000円
無料体験無料体験あり
*無料体験後1週間以内の入会で入会金無料!

無料体験の予約はこちら!

エヌコードラボ★オンライン&通学どちらも無料体験できるよ。

小学校で必修化されたプログラミングの授業。小学生のうちからプログラミングを習わせたいというママも多いのでは?

でもせっかく小学校から始めるなら中学、高校とプログラミングを学び続けてほしいですよね。

そんな人に注目してほしいのがプログラミングスクール「N Code Labo」です。学習した内容は角川ドワンゴが展開するネット上の高校(N高・S高)、そして就職に繋がっていきます。

大手企業が運営するプログラミングスクールならではの魅力をみていきましょう。

N Code Laboの特徴

大手企業が経営するプログラミングスクール

出版社大手のKADOKAWAと、ニコニコ動画で有名なIT企業ドワンゴが共同経営する角川ドワンゴ学園。N Code Laboはこの角川ドワンゴ学園が提供するサービスです。

角川ドワンゴ学園はもともとN高等学校というネット上の通信制高校を運営していました。この高校の中で行われていたプログラミングメソッドを活かし、誕生したのがN Code Laboです。

現在は小学生1年から高校3年生まで、幅広い生徒を対象にしたプログラミング教室として運営されています。N高時代のノウハウを継承しつつ、Scratchやタイピングのような基礎内容から学べるようになっています。

プログラマー講師から少人数での指導が受けられる

N Code Laboの講師は全員がプログラマーです。彼らから直接指導を受けられるので、プログラミングの実践力が身に着きそうですね。

また、N Code Laboは少人数制の指導体制を取っており、手厚い指導が受けられるようになっています。通学コースでは生徒3人に対し1人の講師、オンラインコースでは生徒1人に対し講師1人が授業を担当します。

LT大会でオリジナリティをアピールできる

プログラミングの世界では、教材の真似をしているだけでなく自分の発想でオリジナルの作品を生み出すことも大事です。自分の作品を作ることで、プログラミングの楽しさが一層深まるのではないでしょうか。

生徒の自由な発想を大事にするN Code Laboでは、定期的に「LT大会」という発表の場を用意しています。LTはLightning Talksの略語で、5分ほどの短い時間でプレゼンテーションをする場のこと。エンジニアの勉強会や研修会などでよくおこなわれているLT大会を、学生の間から体験することができます。

LT大会で自分のオリジナリティをしっかりアピール出来たら、プログラミングだけでなく、人前で話す自信もつきそうですね。

小学生からIT企業に就職できるまでの技術を目指せる

N Code Laboの原点であるN高等学校では、IT会社ドワンゴの新人研修をモデルにした実践的な授業が行われており、IT企業へのインターン実績もあります。

N Code Laboでアプリプログラミングや機械学習の勉強を行う際には、N高等学校・N中等部で利用されている「N予備校」というアプリを使います。このアプリの内容をマスターすることで、IT企業で働くための実力が身に着くといわれています。

また、N Code Laboで学んだ内容をN高等学校・S高等学校に進学して深めることもできます。

N Code Laboでの学びは、小学校だけで終わるわけではありません。学び続けることで高校、就職に繋げていくことも可能です。どうせプログラミングを学ぶなら小学生の習い事で終わらせたくない、そんなママにとっては魅力的な特徴なのではないでしょうか。

全額保証制度あり

N Code Laboを受講してみたけれど、思ったのとは違った…そんな風に満足できない場合は全額保証制度を利用することができます。

授業を数回受講した後でも受講料金を返還してもらえる制度をとっているのは、子ども向けプログラミングスクールとしてはなかなか珍しいのではないでしょうか。とりあえず一度授業内容を試してみたいという人には、嬉しい制度ですね。

  • 全額保証制度の内容
  • 通学コース 初回授業日が属する月の最終日までに退会を申し出る
  • オンラインコース 入学月の15日までに退会を申し出る

N Code Laboの授業体形・コース・料金

N Code Laboは通学コースとネットコースの2つを展開しています。

通学コースの内容

通学コースでの教室は2021年4月現時点で新宿・秋葉原・横浜の3カ所で運営されています。生徒3人に対し、講師1人が指導にあたります。

  • ジュニアクラス

対象者 小学1年生〜4年生

学ぶ内容 ScratchJr,Scratch,レゴ® マインドストーム®

日程 隔週

料金 入会金11,000円 授業料14,300円/月

パソコン、レゴ® マインドストーム®の利用料 2,200円/月※持ち込みの場合は不要

  • クリエイティブクラス

対象者 小学5年生~高校3年生

学ぶ内容 Unity(C#),Swift,Python

日程 週1回だが、隔週、週2~4の選択も可能

料金 入会金11,000円 授業料(週1回の場合)22,000円/月

パソコンの利用料(週1~4回の場合)4,400円/月※持ち込みの場合は不要

ネットコースの内容

地方住まいの場合は、どこからでも受講できるオンラインコースを検討しましょう。ネットコースでは生徒と講師が1対1で学べるので、より手厚くフォローしてもらいたいという人にもメリットがあります。

  • ゲームプログラミングクラス

対象学年:小学5年生〜高校3年生

学ぶ内容 2Dゲーム制作、3Dゲーム制作、オリジナルゲーム制作

日程 週1回だが、週2〜4回も可能

料金 入会金11,000円 授業料33,000円/月

ほかに、AIプログラミングクラスがありますが、こちらは推奨年齢が中学生以上になっています。

N Code Laboの口コミはある?

スパコン富岳

N Code Laboは2020年2月にスタートした新しいプログラミングスクール。そのせいか、調査結果ブログやSNS上の口コミ・評判はほとんど見られませんでした。

そこでN Code Laboの公式ホームページに掲載された「生徒・保護者の声」を代わりにご紹介します。

まずは満足度から。2019年6月に実施されたアンケートでは、生徒満足度96.1%、保護者満足度100%を記録しています。どちらも高い評価ですが、実際に授業を受けているわけではない保護者の満足度が100%なのはすごいですね。

保護者の声では、個別対応への感謝やプログラミングだけでなく自分で質問できる力も身についているとの嬉しい感想が掲載されています。

生徒側の声では、プログラミングの経験があまりない子でも楽しい、やり易いという感想が上がっていました。実はN Code Labo受講者の80%程度が完全に未経験の状態からスタートしています。

(「よくある質問 パソコンに触ったことのない子供も入会できますか?」参照:公式サイト/)

この感想を見ると、プログラミング初心者からでも問題なく受講できるようですね。

自分でプログラミングをしていた時のつまづきが、授業を受けることで解消したという声もありました。N Code Laboが生徒の作りたいものを完成させる手助けをしていることが分かります。

自宅で体験できる

無料体験しよう★N Code Labo