⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室はこちら!

音楽を演奏するロボットがある!

「~するロボット」の「~」の部分には色々な言葉を入れることができます。

音楽を演奏」と入れると、みなさんはどのような印象をもたれるでしょうか。

音楽はかけがえの無い芸術ですし、演奏は特別な技術です。

音楽の演奏にはあこがれがありますが、それをロボットにさせたいのはなぜでしょう。

今回は音楽を演奏するロボットについてお話します。

お話のテーマは広い範囲に渡りますので、焦点をしぼりキーワードを設定しましょう。

今回音楽という場合は西洋音楽のことを指します。

キーワードは、オートマタの歴史、蓄音機の発明、電気の利用、の3つです。

⇒ロボットと人間が会話する日がすぐそこまできている。

オートマタの歴史

ピアノを弾くロボット

オートマタはヨーロッパで12世紀から19世紀にさかんに作られた自動的に動く人形のことです。

訳すと「自動人形」とか「機械仕掛け人形」になります。

日本の「からくり人形」と似ているので「西洋からくり人形」とも呼ばれるのです。

今回はこの人形をロボットの前身としてとらえます。

必要なのは、自動で動くための動力とその力を人形の各部に伝えるための部品です。

最初の動力は水力だったのでオートマタの原型は大きなものだったでしょう。

動力を伝えるための歯車は2000年以上も前の古代ギリシャ時代からありました。

13世紀には動力をより効果的に伝えることのできるカムシャフトが発明され、15世紀に動力を蓄えることのできるぜんまいが発明されると、オートマタは机の上に乗るサイズになったのです。

この進歩はオルゴールの発明にもつながっていきました。

そしてオートマタの中に組み込まれて、自動演奏する人形ができあがったのです。

18世紀になると美しい人形作りと機械仕掛けと自動演奏の技術が融合してオートマタは完成の域に達し、19世紀の初めまでさかんに作られていたのです。


クリック!

ロボット教室「無料体験」の予約はこちら!

蓄音機の発明

サックスを吹くロボット

蓄音機(ちくおんき)という言葉はみなさんのお父さんやお母さんでも知らない方が多いはずです。

1878年にエジソンによって発明されたこの機械は、オートマタの歴史に終わりを告げたのでした。

レコード盤という丸い板の上に針をのせるだけで音楽を再生してくれる装置は、あっという間に世の中に受け入れられたのです。

蓄音機は自動演奏とは違って、演奏家による演奏を録音してそのまま再生します。

人々はもはや機械仕掛けの演奏には、目が向かなくなってしまったのです。

蓄音機は進化を続け、今はCDプレーヤーやメモリープレーヤーの時代がおとずれています。

人々の欲求を満足させるためにサイズはより小さくなり、音はより鮮明に再現されるようになりました。

ロボット教室の体験レポート(口コミ)一覧をみる

電気の利用

ピアノを弾くヒューマノイド型ロボット

電気はみなさんが生まれたときからあるのが当たり前のものですが、実用的な利用が始まったのは、1870年に電球が発明されてからです。

今から150年ほど前までは、電気のない生活をしていたのです。

電気の有効性がわかると電動機(モーター)や電池の開発が進み、ぜんまいの時代も終わりを告げました。

電気を動力とする機械は、それまでとは比べものにならないほど、力強さや安定した正確さをもたらしたのです。

さらに電気を利用したコンピューターが発明されると、世の中は急速に変化していきました。

電気の動力によって、飛躍的に進化したオートマタにコンピューターや、外部の情報をキャッチするセンサーが内臓されることで、新しい機能が加わったのです。

たとえば人間の歌声をセンサーがキャッチして、コンピューターが分析した結果正しい伴奏をつけるということが、可能になりつつあります。

一方的な自動演奏だったオルゴールから、人間と交流する知能をそなえた伴奏ロボットの誕生です。

一度すたれてしまったかに思われたオートマタが、新たな形でよみがえろうとしているといってよいでしょう。

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

「音楽を演奏するロボット」のまとめ

エレキギターでロックを弾く人型ロボット

以上のように、音楽を演奏するロボットに関してお話をしました。

オートマタの歴史、蓄音機の発明、電気の利用、の3つのキーワードについて理解が深まったことでしょう。

オートマタについては、今でもその神秘的な姿や音色に魅せられている人たちも少なくありません。

演奏ロボットの原型として実際に動く実物を見る機会もあるはずですから、今回のお話をぜひ参考にされてください。

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしてね。

ママ

気になる教室をみつけたら体験授業にGO!
ユウちゃんはたくさん体験してからイチバン楽しかった教室に通いはじめたよ。
⇒この教室です。

人気ロボットプログラミング教室の月謝・教材費を比較

教室名をクリックすると詳細ページに移動します。

←スマホは横にスクロールしてください。

入会金
0円
月謝
1万円以下
教材費
3万円以下
その他
ヒューマンアカデミーロボット教室
入会金月謝が安い教材費が安い追加費用が少ない
10,0009,00028,500
アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ
入会金が安い月謝が安い教材費が安い2年目の教材費16,000円。
月謝等は個々の教室により異なります。
なし7,50025,000~
クレファス/キックス
高いほぼ毎年追加教材費あり
20,00013,00024,000~
リタリコワンダー
15,00011,00062,500
こどもプログラミング教室
入会金プログラミングのみ。
ロボットは作りません。
10,0009,000600
Z会プログラミング講座
通信教育
なし3,935~24,000
D-SCHOOLオンライン
通信教育
なし3,685~3,000~
レゴスクール
高い毎年教材費あり
10,000~12,5008,400~
アクシス
月額教材費:1,980円
なし7,390貸出
プログラボ
高い無料貸出。購入可5~6万円
なし9,000貸出
もののしくみ研究室
入会金が安い月謝が安い教材費が安い毎年追加教材費あり
5,0008,00027,000
ロボ団
高いiPadを持っていない場合
できれば購入
10,00011,000貸出
スタープログラミングスクール
高いコースにより異なる
6,0009,000~60,000
トライ式プログラミング教室
入会金が安い月謝が安い教材費が安い教材の分割払い可能
10,00014,00045,000

*税別です
*別途テキスト代・維持費等が毎月かかる教室もあります。(数百円~数千円)
*教材費は初回に必要な金額です。
*同じ教室内でも月謝が異なることがあります。

MEMO

人気ロボットプログラミング教室の「小学1年生」が入学できるコースの比較。

・ヒューマンアカデミーロボット教室:ベーシックコース
・アーテックエジソンアカデミー:自考力キッズ
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・Z会プログラミング講座:基礎編
・レゴスクール:イノベイター

教材費

教材費は入会時に購入。さらにコース変更するごとに教材購入のために追加費用が発生することもあります。

教材を貸出してくれる教室のほうが初期費用で比較すれば絶対に安いです。ただし、実際に教室に通学しはじめると自宅で復習したり遊びたくなるので、結局購入することが多いようです。

【ロボットクリエイター高橋智隆監修を教材に使用している教室】

ヒューマンアカデミーロボット教室

【アーテックブロックを教材に使用している教室】

アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ 自考力キッズは幼児・年長のロボットプログラミング教室

【レゴマインドストームEV3を教材に使用している教室】

クレファスcrefus/キックスkicks litalicoワンダー  Z会プログラミング講座・通信教育

ママ

いっぱい体験してから入会を決めればいいよ。まずは楽しみましょう。
自作ロボットのイラスト

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室 d-schoolオンラインプログラミングスクール

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

ヒューマンアカデミーロボット教室 アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ クレファスcrefus/キックスkicks litalicoワンダー

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

全国1300教室(ヒューマンアカデミー) 全国900教室(エジソンアカデミー) 全国200教室(こどもプログラミング教室) 全国110教室(クレファス) 通信教育(Z会)

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

学費・教材費の比較はこちら!

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

体験授業にいってきました

ヒューマンアカデミーロボット教室 月謝が安い&追加費用がないロボット教室

アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ ロボット作りとプログラミングを両方学べる

自考力キッズは幼児・年長のロボットプログラミング教室 年長~低学年向け。プログラミングでロボットを動かそう!

クレファスcrefus/キックスkicks レゴのプログラミングキットで本格的なロボット作り、料金は高い

 1人1人の個性に合わせたカリキュラムを作成

近所のロボットプログラミング教室を探そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です