⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

ロボライズ、ロボット・科学実験教室の口コミ評判

学習塾は詰込み型の教育を行っている場合が多く、子どもたちの学力向上に本当に効果があるのか疑問に感じているパパ・ママもいるでしょう。

ロボライズは従来の教育とは一線を画していて、子どもそれぞれに向き合って、それぞれのペースで学力を伸ばせるロボット教室として高い人気があります。

ロボライズの自分たちで考えられる授業

男の子とロボット・パソコン・車・積み木のイラスト

ロボライズでは子どもたちが自分自身で考えるような授業スタイルをとっています。

ただしいきなり「自分で考えろ」といってもどうすればいいかわかりません。

そこでテーマや仕組みについてまず先生がレクチャーをします。そしてテーマに合致するロボットを製作します。

もちろん先生やテキストなどがロボット製作のサポートはしてくれます。しかし基本的には自分で考えて作品を完成させていきます。

続いて、ロボットの仕組みについてクラス全体で考えて、そこからロボットを製作するアプローチに移行します。

このように自分の形でロボットを完成できるレベルにまでもっていけるような授業を、ロボライズでは提供しています。

ロボットプログラミング教室の月謝を比較!

自分のペースで学習できるロボット教室

将来の夢を想像する小学生男子

学習塾の中には、一つのクラスに大人数の子どもを入れている大手もたくさん見られます。

すると子どもの理解度に大きな違いが時として現れて、授業のペースについていけなくなる子どもたちも出てくるかもしれません。

そのようなことのないようにロボライズでは、少人数制クラスを採用し子どもたちの理解度を見ながら授業を進めるスタイルをとっています。

それぞれのペースに合わせたカリキュラムを作ることで、着実にどの子どもでもスキルアップできるような態勢を整えているので安心です。

仕組みを学んで機械に慣れ、動かすことの楽しさを感じられるまでゆっくりと子どもたちの成長を見守る姿勢をとり続けているロボット教室です。

「ロボット教室」体験授業に参加するには?

子どもたちの学力が向上する

教室でロボットの勉強をする小学生

ロボライズでは子どもたちの個性を生かしながら、さまざまな分野の学力が向上できるようなカリキュラムを採用しているのも人気の理由です。

最初の基本的な部分は講師が指導するものの、そのほかの工程は子どもたちができる限り主体的に考えて作業します。

このため論理的な思考力や創造力を身につけられます。また自分でロボットを製作するので、集中力を養うことも可能です。

さらに自分でロボットを完成させるまでサポートしてくれるので、できたときに達成感を味わえます。

その結果ロボライズの授業を受けることで、科学に対する興味が持て理数系への関心も高まるでしょう。

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

ロボライスの所在地

黒板の前で記念写真を撮る受講生

川西市

ロボライズの公式サイト

ママ

気になる教室をみつけたら体験授業にGO!ユウちゃんはたくさん体験してからイチバン楽しい教室に通いはじめたよ。

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしてね。

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー月謝が安い教材費が安い教室数が多い月2回
90分
年長~口コミ
9,00028,500全国1300
エジソンアカデミー月謝が安い教材費が安い教室数が多い月4回
60分
年長~口コミ
7,50025,000~全国900
リタリコワンダー月2回
90分
小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回
50分
年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回
50分
年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・エジソンアカデミー:レベル1
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・エジソンアカデミー:アーテックブロック
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・レゴスクール:コースにより異なる。毎年教材費がかかります。

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

*エジソンアカデミーは小4~、小3以下は自考力キッズ。

自作ロボットのイラスト

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!