⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

MeetsVision(ミーツ・ビジョン)ロボット工作教室の口コミ評判

meetsvision ミーツビィジョン

Meets Vision(ミーツ・ビジョン)とは岐阜県などで活動しているNPO法人のことです。社会教育やキャリア教育を地域や企業と連携して推進しています。

その中でも子どもへの教育の一環として、ロボット工作教室を展開。

ロボット教室は小学生を対象にして日本全国にありますが、今回は岐阜県在住のパパ・ママのために、Meets Vision ロボット工作教室の特徴・概要について紹介します。

岐阜市内を中心に開催中

ロボットと仲良く手をつなぐ女の子

Meets Vision ロボット工作教室は別に学校があって、そこに通うというシステムではないです。岐阜県を中心として会場を設置し、そこで短期集中で学習できるシステムをとっています。

このため、どこで今後教室が開催されるかは、Meets Visionの公式ホームページで最新情報をチェックしておきましょう。

基本的に月に2回のペースで開催されていて、時間は19時から20時半までとなっています。

ただし教室によっては若干この時間が変わる可能性もありますので、同じくWebサイトで確認しましょう。

教室への参加を検討するのであれば、公式ホームページの「ロボット工作教室」というメニューを選択します。

すると「ロボット工作教室への参加・お問い合わせ」というところがありますので、こちらで手続きをします。

ただしこちらのロボット教室は商業施設で開催することもあります。

こちらへの参加を希望するのであればトップページに「お知らせ&イベントの案内」というところをクリックすると、参加フォームが出てきます。

こちらで必要事項を入力して提出しましょう。

ロボットプログラミング教室の月謝を比較!

モノ作りだけではない授業内容

ロボットと小学生の子どもたち

ロボット教室に子どもを通わせることで、モノづくりに必要な基礎知識・基本的なスキルが獲得できるでしょう。

しかしそれ以外にも、今後勉強するにあたって必要な能力を伸ばすことも可能です。

例えばロボットを製作するにあたって、どのような道筋で作業を進めればいいか考える必要があります。その中で論理的な思考力が養われるでしょう。

またうまくいかないときにどうして解決すればいいかを主体的に考えられます。

ほかの人と一緒になって作業することもあり、その中でコミュニケーションスキルも身につきます。

ロボット・プログラミング教室ランキング!

みんなで!!ロボコン!!

庭作業をするガーデニングロボット

Meets Vision ロボット工作教室では「みんなで!!ロボコン!!」を開催しています。

自分たちの制作したロボットでペットボトルキャップを入れ合う対戦形式の大会です。

このような競技に向けてロボット制作をすれば、高いモチベーションを維持できるはずです。

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

MeetsVision(ミーツビジョン)の所在地

ロボットを操縦するちびっこ研究者

岐阜市 安八郡 本巣郡 各務原 揖斐郡 羽島 一宮 尾張旭 清須 名古屋 みよし

MeetsVisionロボット工作教室の公式サイト

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしよう!

ロボットプログラミング教室の学習内容

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー満足・評判月2回 90分年長~口コミ
9,00028,500全国1300
リタリコワンダー月2回 90分小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回 50分年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回 50分年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
リタリコワンダー:コースにより異なる

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!