⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

ロビンスロボットスクールの口コミ・評判

茨城県で話題になっているロボット教室があります。それがロビンスロボットスクールです。

2014年から開講した教室で、ロボット制作を通じてパソコン技術や英会話スキルも一緒に学べるのがウリです。

様々な体験を子どもにさせたいと思っているパパ・ママは、受講を検討してみませんか?

ロボットプログラミング教室の月謝を比較!

異色の経歴を持つ代表者が運営する教室

かわいいロボット

ロビンスロボットスクールの代表者は、普通には見られない異色の経歴の持ち主です。

20代前半にカナダに移住します。そこでレゴを趣味で始めるようになり、そしてロボット製作をするようなレベルにまで行きます。

自分で製作したレゴのロボットを自分のホームページに掲載したところ、本家のレゴ社の目に留まって、ロボットの製作依頼が舞い込んできたというのです。

さらにはレゴ関係の書籍を出版するなど、世界で活躍する日本人となりました。

その後日本に帰国するのですが、こちらでも様々なロボットの開発に携わったといいます。

その中で自分が後進の育成をしてみたいと思い、ロビンスロボットスクールを立ち上げたというわけです。

ロボット教室の体験レポートをもっとみる!

英語を使って本格的なロボットを製作する

歩く二足歩行ロボット

ロビンスロボットスクールでは、基本的に教室内で会話をする際には英語を用います。

英語を使用する頻度が多くなりますので、通い続けることでおのずと英会話力のスキルアップが期待できるわけです。

「英語などうちの子どもはは触れたこともないけれども」というパパ・ママもいるでしょう。

もちろん最初のうちはわからないことも多々あるはずです。

しかしロビンスロボットスクールのインストラクターは、ボディランゲージも駆使して説明してくれるので、言っていることはわからなくても伝えようとしていることは理解できるはずです。

またもしわからなければ日本語で質問すると、日本語できちんと答えてくれます。

レゴのロボットはかなり本格的で、モーターやセンサーなどを搭載することができ、プログラミングすることでいろいろと操作もできます。

ロボット・プログラミング教室ランキング!

初心者でも安心して参加できる

画像認証を備えた最新ロボット

大人の中には「ロボット製作といわれるとかなり難しいのではないか?」と思う人もいるでしょう。

しかしロビンスロボットスクールでは、ロボットやプログラミングの全くの初心者でもついてこられるようなわかりやすいカリキュラムになっています。

ロボット作りも部品を組み合わせることで作っていきますので、高度な技術力が求められるわけではないです。

また年齢や生徒の習熟度に合わせて複数のクラスを用意しています。ですから現状の理解度に応じたカリキュラムで学習できます。

ロボンスロボットスクールの所在地

AI(人工知能)を搭載のヒューマノイドロボット

つくば市 東京都中央区日本橋

ロビンスロボットスクール公式サイト

ママ

気になる教室をみつけたら体験授業にGO!ユウちゃんはたくさん体験してからイチバン楽しい教室に通いはじめたよ。

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしてね。

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー月謝が安い教材費が安い教室数が多い月2回
90分
年長~口コミ
9,00028,500全国1300
エジソンアカデミー月謝が安い教材費が安い教室数が多い月4回
60分
年長~口コミ
7,50025,000~全国900
リタリコワンダー月2回
90分
小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回
50分
年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回
50分
年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・エジソンアカデミー:レベル1
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・エジソンアカデミー:アーテックブロック
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・レゴスクール:コースにより異なる。毎年教材費がかかります。

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

*エジソンアカデミーは小4~、小3以下は自考力キッズ。

自作ロボットのイラスト

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。