⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室はこちら!

Z会プログラミング講座(通信教育)ならレゴでロボットが作れる!

Z会プログラミング講座・小学生の通信教育

公式サイトZ会プログラミング講座(公式サイト)

ひらめきや粘り強さなど、子どもに身につけて欲しい能力を伸ばすのにZ会のプログラミング講座はおすすめ。

Z会プログラミング(通信教育)のカリキュラムが、どのようなものなのか解説します。

Z会プログラミング講座で養える能力

Z会のプログラミング講座に入会すると、子どもの創造力や思考力を伸ばせます。

物を作るときにひらめきは大切ですが、プログラミングを通して想像力を鍛えることができます。

プログラミングは、物が動く仕組みなどについて深く考えるトレーニングになりますよ。

毎回の講座で何度も考えるトレーニングをすることによって、思考力が少しずつ養われていきます。

何度も失敗したり上手くいかない経験をしたりもするので、自然と粘り強さも強化されますよ。

同時に問題解決能力も伸ばせると評判です。

一度自分が作ったものを改善して、より良い物を作る喜びも味わえます。

また、通信教育なのでどこに住んでいても本格的なプログラミングが学べるのもいいですよね。

Z会プログラミング講座内容とは?対象年齢は?

Z会プログラミング ロボット通信教育

Z会プログラミング講座の内容はどのようなものですか。

二段階の講座になっているために、初心者であっても取り組みやすくなっています。 基礎編と発展編。

ママは自分の息子が全くプログラミングについて触れたことがないので、授業について行けるか心配になるものです。

Z会であれば、小学1年生から4年生を対象にした基礎編の講座で、プログラミングの基本を学べます。

基礎編でプログラムをしながら、ロボットを思い通りに動かす楽しさを体験できます。

子ども達がプログラミングに慣れてくると、発展編へ移行し、今まで学んだプログラミングを組み合わせて、より高度なものづくりをおこないます。

発展編は小学4年生以上が対象です。

本格的なレゴのプログラミング教材を使用

Z会プログラミング講座

Z会プログラミングのカリキュラムは、レゴエデュケーションの教材を採用しているのが特徴です。

レゴエデュケーションの教材は、世界の80カ国以上の教育機関で採用されているクオリティの高い教材。

子ども達に人気のレゴブロックを使いながら、体験型のプログラミング学習が出来るようになっています。

この教材はこれといった回答がないので、子ども達は自由に自分の潜在能力を使うことが出来ます。

知識を詰め込んでいく教育では無く、子どもが自分でどうしてなんだろうという疑問を解決しながら学習が出来るようになっていますよ。

小学生対象のロボコン(ロボット競技大会)ではこのレゴ社のロボットで成果を競い合っています。

Z会プログラミング講座は、子どもの様々な能力を引き出してくれるカリキュラムを採用しています。

プログラミング教室をきっかけに、子どもの新たな才能に気がつくことがあるかも知れませんね。

⇒教材はレゴのプログラミングキット、3種類あるのでわかりやすく比較しました。

Z会プログラミングの月謝・教材費

基礎編は小学1年生から

Z会プログラミングの基礎編

月謝:5,000円
*一括年払いの場合 一ヵ月あたり4,250円

教材:LEGO WeDo 2.0 基本セット 25920円

回数:12回(1年間)

対象:小学1年生~小学4年生

公式サイト基礎編のカリキュラム・テキスト・教材・費用の詳細はこちら!

発展編は小学4年生から

Z会 ロボットの通信教育 小学生高学年向け

月謝:6,999円
*一括年払いの場合 一ヵ月あたり5,949円

教材:教育版レゴ マインドストーム EV3 57,283円

回数:24回(2年間)

対象:小学4年生以上

*すべて税込

公式サイト発展編のカリキュラム・テキスト・教材・費用の詳細はこちら!

Z会プログラミング講座を受講中の小学2年生のママから口コミ

レゴのプログラミングロボットキット

息子(小学2年生・8歳)は、2歳ぐらいからレゴにはまり毎日もくもくと作っている子でした。

幼稚園から小学校へと移る頃には、市販のレゴではすぐに説明書をみて作ってしまうので何かもっと高度で達成感をえられるようなものを探していた時に、Z会のプログラミング講座を知りました。

Z会の通信講座は知っていたのですがプログラミング講座があるのを知ったのは、ホームページからでした。

プログラミングと聞くとパソコンに向かってするものだと思っていたのですが、こちらの講座はレゴブロックを使って学ぶものでした。

レゴブロック大好きな息子はすぐにやってみたいと言ったので始めました。

iPadでプログラミングするのですが、主人が持っていたのでそれを使っています。

月謝は5000円で、近所のプログラミング教室の半分だったのでお得な感じはしました。

まず、大きなブロックの入ったケース一式と教本が送られてきます。

息子はレゴだけどみたことないブロックにテンションが上がって喜んでました。

教本をみて毎月一つのロボットを作り出し、動くように指示するようプログラミングします。

このプログラミングする時にiPadを使いますので、ない方は購入しなくてはいけません。

小学校の低学年はゲームに夢中になる子が多いですが、うちの息子はゲームはお友達と遊ぶ程度で、時間があったらすぐにレゴブロックケースとiPadを持って集中しなにか作っています。

集中力は、本当に高まったと思います。

プログラミングをしたいから、学校の宿題も習い事の宿題も集中して早く終わらせるという習慣がついてきました。

Z会プログラミングの所在地

ロボット教室プログラミングスクールの所在地・住所

通信教育なので全国どこに住んでいても学べます。

公式サイトZ会プログラミング講座の資料請求はこちら!

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしてね。

ママ

気になる教室をみつけたら体験授業にGO!
ユウちゃんはたくさん体験してからイチバン楽しかった教室に通いはじめたよ。
⇒この教室です。

人気ロボットプログラミング教室の月謝・教材費を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

入会金
0円
月謝
1万円以下
教材費
3万円以下
その他
ヒューマンアカデミー
ロボット教室
入会金月謝が安い教材費が安い追加費用が少ない
10,0009,00028,500
アーテックエジソンアカデミー
自考力キッズ
入会金が安い月謝が安い教材費が安い2年目の教材費16,000円。
月謝等は個々の教室により異なります。
なし7,50025,000~
クレファス
キックス
高いほぼ毎年追加教材費あり
20,00013,00024,000~
リタリコワンダー
15,00011,00062,500
こどもプログラミング教室入会金プログラミングのみ。
ロボットは作りません。
10,0009,000600
Z会プログラミング講座通信教育
なし3,935~24,000
D-SCHOOLオンライン通信教育
なし3,685~3,000~
レゴスクール高い毎年教材費あり
10,000~12,5008,400~
アクシス月額教材費:1,980円
なし7,390貸出
プログラボ高い無料貸出。購入可5~6万円
なし9,000貸出
もののしくみ研究室入会金が安い月謝が安い教材費が安い毎年追加教材費あり
5,0008,00027,000
ロボ団高いiPadを持っていない場合
できれば購入
10,00011,000貸出
スタープログラミングスクール高いコースにより異なる
6,0009,000~60,000
トライ式プログラミング教室入会金が安い月謝が安い教材費が安い教材の分割払い可能
10,00014,00045,000

*税別です
*別途テキスト代・維持費等が毎月かかる教室もあります。(数百円~数千円)
*教材費は初回に必要な金額です。
*同じ教室内でも月謝が異なることがあります。

MEMO

人気ロボットプログラミング教室の「小学1年生」が入学できるコースの比較。

・ヒューマンアカデミーロボット教室:ベーシックコース
・アーテックエジソンアカデミー:自考力キッズ
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・Z会プログラミング講座:基礎編
・レゴスクール:イノベイター

教材費

教材費は入会時に購入。さらにコース変更するごとに教材購入のために追加費用が発生することもあります。

教材を貸出してくれる教室のほうが初期費用で比較すれば絶対に安いです。ただし、実際に教室に通学しはじめると自宅で復習したり遊びたくなるので、結局購入することが多いようです。

【ロボットクリエイター高橋智隆監修オリジナルロボット】
ヒューマンアカデミーロボット教室

【アーテックブロック】
Artecエジソンアカデミー

【レゴマインドストームEV3】
クレファス  リタリコワンダー Z会プログラミング講座

ママ

いっぱい体験してから入会を決めればいいよ。まずは楽しみましょう。
自作ロボットのイラスト

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

こどもプログラミング教室 D-SCHOOLオンライン Tech Kids School

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

ヒューマンアカデミー エジソンアカデミー クレファス

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

全国1300教室(ヒューマンアカデミー) 全国900教室(エジソンアカデミー) 全国200教室(こどもプログラミング教室) 全国110教室(クレファス) 通信教育(Z会)

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

学費・教材費の比較はこちら!

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

体験授業にいってきました

⇒ヒューマンアカデミーロボット教室の口コミ 月謝が安い&追加費用がないロボット教室

⇒Artecエジソンアカデミーの口コミ ロボット作りとプログラミングを両方学べる

⇒クレファス Crefusの口コミ レゴのプログラミングキットで本格的なロボット作り、料金は高い

⇒リタリコワンダー LITALICOの口コミ 1人1人の個性に合わせたカリキュラムを作成

近所のロボットプログラミング教室を探そう!