⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

アクシス(Axis)ロボットプログラミング講座の口コミ・評判

アクシス 小学生ロボットプログラミング教室

アクシスはマンツーマンの指導が受けられるということで、個別指導の教室が日本全国で開講しています。

ロボット教室の中でも個別指導スタイルをとっているところもみられます。その中の一つに、アクシスがあります。

講師による丁寧な指導で子どもたちの学力を着実にアップさせたいと思っているのであれば、アクシスの申し込みも検討してみる価値はあるでしょう。

ロボット教室の体験レポートをもっとみる!

日本全国で開講

ロボット雑貨のイラスト

アクシスでは2020年に小学校でプログラミング教育が必修化となるのに伴い、ロボット・プログラミング講座を開講しています。

こちらの教室の魅力は、日本全国で開講している点です。

ロボット教室はほかでも開講しているのですが、どうしても都市部に偏ってしまいがちです。

このため地方によっては興味があるけれど、近くに教室がないので受講できないというジレンマを抱えるケースも少なくありません。

アクシスは、日本全国47都道府県に300以上の教室を展開しています。

このいずれでもロボット教室を開講しますので、なかなか今まで近くで受講できなかった地域の人でも通えるようになるかもしれません。

ロボットプログラミング教室の月謝を比較!

教材はKOOV(クーブ)

いろいろな表情のロボット

アクシスでは、KOOV(クーブ)という高品質ロボットキットを使って授業を行っています。

KOOV(クーブ)はカラーバリエーションやパーツの種類も豊富なのが特徴の一つです。

いろいろな組み合わせによって、無限のロボットを製作することが可能です。

そこで自分オリジナルのロボットも手軽に制作することもできます。バリエーションが豊富な分、子どもたちの想像力を刺激するでしょう。

ロボットを動かすためには、プログラミングが必要不可欠です。KOOV(クーブ)のプログラミングは、シンプルな構成になっています。

ですから小学生のようなお子さんでも扱いやすいと評判です。

ロボット・プログラミング教室ランキング!

様々なロボットを製作できる

子どもが好きそうなロボットのイラスト

アクシスでは、いろいろな種類のロボットを製作することが可能です。

例えば近年の自動車の安全機能として、衝突回避装置があるのはコマーシャルでも見たことがあるでしょう。

まさにこの衝突を回避する自動車のロボットを製作することも可能です。

衝突センサーを自動車の前部に装着して、前に障害物があれば、方向を変えて走行できます。

また演奏できるようなエレキギターの制作にも対応しています。

赤外線フォトリフレクターとブザーを組み合わせることで、音階通りの音色を表現できます。

このように自分の好きなロボットを製作できるので、楽しみながら学力アップが見込めます。

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

アクシス(Axis)の所在地

robots

札幌 青森 盛岡 仙台 秋田 宇都宮 高崎 さいたま 市川 江戸川区 世田谷区 板橋区 葛飾区 江東区 川崎 新潟 金沢 名古屋 豊田 大津 京都 大阪  西宮 和歌山 岡山 倉敷 福山 広島 福岡 北九州 大分 那覇 他多数

アクシス(Axis)公式サイト

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしよう!

ロボットプログラミング教室の学習内容

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト

自作ロボットのイラスト

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー満足・評判月2回 90分年長~口コミ
9,00028,500全国1300
リタリコワンダー月2回 90分小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回 50分年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回 50分年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・リタリコワンダー:コースにより異なる

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!