⇒体験レビュー★24校を本音で口コミ

オンライン家庭教師「e-live」プログラミング個別指導の特徴・料金・口コミは?

オンライン家庭教師。イーライブ

プログラミング教育が小学校で必修化した現在、自分の子どもにもプログラミングを学ばせたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、自宅の近くにプログラミング教室が開講されているとは限りません。

仮にプログラミング教室があったとしても、1対多数の学習が「うちの子には向いていないみたい」となる場合もあるでしょう。

今回は、個別指導でじっくりプログラミングを学べるオンライン家庭教師「e-live」のプログラミング個別指導について調べてみました。

オンラインプログラミング個別指導の特徴や料金、口コミについて解説しているので、習い事にプログラミングを検討する際の参考にしてみてください。

⇒【RISU算数】の特徴と口コミ。複雑な料金体系をわかりやすく紹介。

オンライン家庭教師「e-live」プログラミング個別指導の特徴

オンライン家庭教師「e-live」×プログラミング教室D-SCHOOL

オンライン家庭教師「e-live」は、オンライン指導において10年以上の実績を誇る家庭教師サービスです。

全国どこからでも依頼が可能なので、地方住まいでも指導を受けることができる点が特徴です。

一方プログラミング教室D-SCHOOLは、日本全国80教室+ベトナムやインドネシアにも展開するプログラミング教育のノウハウを持ったスクールです。

オンライン家庭教師「e-live」プログラミング個別指導は、この2つの学習サービスがタイアップしたことで生まれました。

オンライン指導の実績とプログラミング指導のノウハウを相互に提供しあうことで、遠隔地からのプログラミング個別指導が可能になったのです。

なお、オンライン家庭教師「e-live」プログラミング個別指導は、D-SCHOOL側からはD-SCHOOLオンライン個別指導という名前で紹介されています。

※D-SCHOOLとe-live2つのサービスで使われている動画が同じであること、料金が同じであることから、この記事では「プログラミング個別指導」「オンライン個別指導」の2つを同サービスと判断して紹介しています。

なお、D-SCHOOLには個別指導以外のオンラインコースもあるので、混同しないようにしましょう。

⇒【体験談】D-SCHOOLでマイクラしたよ。

全国から、好きな場所で勉強ができる

オンライン家庭教師の良いところは、全国どこからでも講義を受けられることです。送り迎えの手間がないので、塾通いにくらべ保護者の負担がぐっと軽くなります。

また、インターネット環境とパソコンがあれば、指導場所も子どもや保護者の好みに合わせて選ぶことができます。

例えば、リビングで講義を受ければ親は家事の合間に子どもの勉強の様子を見ることができます。

また「周りが気になる」という子どもには、集中できる勉強部屋での受講を勧めることもできるでしょう。

1対1の個別指導型

「e-live」プログラミング個別指導は、講師と1対1でプログラミングが学べます。

複数対1の授業では引っ込み思案になってしまう子どもにとって、分からないところを気軽に質問できるシステムといえます。

また、次回の授業の日程についても柔軟に対応が可能です。

部活やテスト勉強が忙しい、旅行の日程が入ったなど、なんだかんだで忙しい学生生活に合わせた指導スケジュールが組めるのは個別指導ならではの特典です。

自由度の高いカリキュラム

プログラミング個別指導で学べるカリキュラムは、マインクラフトとScratchの2つになっています。ただしこれらの教材はあくまで基本です。

授業では個別指導ゆえの柔軟さで、生徒に合わせた自由なカリキュラムを設定することが可能です。

例えば、D-SCHOOLでは日本、ベトナム、インドネシアを対象とした「アジアプログラミングコンテスト」を開催しています。

生徒はこのコンテストに作品を応募して実力試しをすることができます。

そして「コンテストに向けた作品作りに取り組みたい」と子どもが望めば、それに対応するカリキュラムを受講することも可能なのです。

⇒【体験談】テックキッズオンラインコーチング」お試しした感想。

オンライン家庭教師「e-live」プログラミング個別指導の内容

プログラミング個別指導の内容について、具体的に見てみましょう。

教材

プログラミング個別指導で使われる教材は次の2つです。

【マイクラッチコース】

大人気ゲーム「マインクラフト」とビジュアルプログラミング「Scratch」を使用するD-SCHOOLオンライン独自のカリキュラムです。

既にマインクラフトで遊んだことがあるという子どもにとって、とても魅力的なコースになっています。

【ゲーム製作】

こちらはScratchを利用してゲーム作成を行うコースです。シューティングゲーム、ダンスゲームなど子どもにとって興味のある題材でゲーム制作を行いながら、プログラミングの基礎を固めていきます。

※この2つのコースのどちらかを受講しながら、ジュニア・プログラミング検定の対策を行うこともできます。検定対策は追加料金なしで行ってもらうことが可能です。

入会後1ヶ月は全カリキュラムの一部をトライアル受講することができます。2ヶ月目からは選択したコースでの受講が始まります。

料金

月額料金は13,500円(税別)です。

これは60分授業×2回分の料金となっています。他に入会金、マインクラフトJava版の教材費(マイクラッチコースの場合)がかかります。

口コミと評価

オンライン家庭教師「e-live」プログラミング個別指導(D-SCHOOLオンライン個別指導)を対象としたピンポイントの口コミは見つからなかったため、D-SCHOOLオンライン全体の口コミからメリットや注意点についてまとめてみました。

(参考元:https://coeteco.jp/brand/d-school_online/reviews)

マインクラフトを教材にしている点が魅力

D-SCHOOLオンラインの特徴は、大人気ゲーム「マインクラフト」を教材にした「マイクラッチコース」の存在です。

D-SCHOOLオンラインを始める前から子どもがマインクラフトに夢中だったという口コミもあり、遊びの延長としてプログラミング学習に入れた子も多いようです。

Scratchを対象としているプログラミングスクールは数多ありますが、マインクラフトをもとにプログラミング学習を学んでいけるスクールは珍しいといえます。

ゲーム感覚で学ぶことができ、プログラミングの敷居の低さ、面白さを知ることができるメリットは大きいです。

一方でゲームを対象にした勉強では、遊び感覚が抜けない点やすぐに飽きてしまう点を指摘する人もいました。

子どもにプログラミング学習をさせる目的を考えて、選ぶコースを決めるのも大切かもしれません。

子どものやる気をアップさせる指導法

D-SCHOOLオンラインでは、自分の作ったプログラムを講師にみせてアドバイスをもらうことができます。

自分の作品を大人にほめてもらえるのは、とても嬉しい経験です。D-SCHOOLオンラインでは子どもをほめて伸ばし、やる気をアップさせる指導をしてもらえるという口コミがありました。

ゲームの話ができる大人は、子どもにとって先生というより優しいお兄さん、年齢の離れた友達と見えているようです(公式ページの個別指導体験談では、プログラミング以外の話も盛り上がっている様子がみられます)。

子どもに何かを教えようとすると、どうしても上から指示してしまいがちになるとお悩みのママパパは一度D-SCHOOLオンラインを試してみてはいかがでしょうか。

⇒厳選9校、小学生プログラミング教室ロボット教室オンライン通信講座の料金と評判