⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

Kicks キックスの口コミ・評判

kicksキックス

子どもの理数離れが進んでいるといわれています。

そこで理数を楽しく勉強できるようなロボット・プログラミング教室が日本全国で開催されています。

kicks キックスもその中の一つで、レゴブロック社とマサチューセッツ工科大学が開発した独自の教材を使ったカリキュラムを提供しています。

段階で徐々にレベルアップするカリキュラム

かわいいロボットのイラスト

kicks・キックスでは3種類のコースを用意しています。

4~5歳を対象にしたベーシック・5~6歳のスタンダード・7~8歳のアドバンスです。このように段階ごとにレベルアップするシステムを採用しているので、子どもの成長に合わせた、無理のない学習が進められます。

現代の学校教育でよく問題視されるのが、ただの知識の詰込みになってしまう点です。

しかしkicksのカリキュラムは、自分たちでロボットを製作することでより理想的な動きを実現するために試行錯誤を行います。

その中で創造力や独創性、問題解決力を育成していきます。

自分で主体的に行うので、子どもの知的好奇心をどんどん刺激します。

⇒Kicksキックス/Crefusクレファスの体験授業にいってきました。

3つの学習内容によって構成

男の子が大好きなロボットのおもちゃ

kicks・キックスでは量の体験と算数・ビルディングスキル・知のプロセスという3つの柱によって、カリキュラムが構成されています。

量の体験と算数とは、実験を通じて長さや時間などの単位について学習します。

いろいろなものを数値化して記録する習慣をつけることで、比較する能力を育成できます。

ビルディングスキルはまず与えられたモデルを真似ます。そしてそこからプラスアルファをつけるために改良します。

改良は自由な発想に任せられるので、そこで独自性を引き出すことが可能です。

最後の知のプロセスは、自分の身の回りにあるものを科学的に分析していくことです。

ある物の仕組みを理解して、そのうえで自分でも実際に作るわけです。

このような作業を続けることで、論理的思考力や判断力を伸ばすことができます。

ロボット・プログラミング教室ランキング!

わくわく体験会に参加しよう

楽しいロボットのイラスト

kicks・キックスでは教室に興味のある子どもを対象にして、わくわく体験会というイベントを開催しています。

実際に授業を受けることで、どんなことが学べるのか、子どもが授業を楽しんで参加しているかを実際に確認できます。

わくわく体験会では、科学コマをブロックによって作る授業が開催されています。

わくわく体験会は無料で開催されているので、金銭的なリスクは一切なく、気軽に申し込みできるでしょう。

子どもたちが授業に参加している間に保護者説明会を実施しています。

授業の仕組みや料金など詳しい内容について説明されるので、とりあえず興味があれば参加してみることです。

ロボットプログラミング教室の月謝を比較!

Kicks・キックスの所在地

かっこいいロボット

大分 別府 中津 久留米 北九州 広島  鹿児島 熊本 那覇 沖縄 島尻郡

Kicksの公式サイト

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしよう!

ロボットプログラミング教室の学習内容

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト

自作ロボットのイラスト

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー満足・評判月2回 90分年長~口コミ
9,00028,500全国1300
リタリコワンダー月2回 90分小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回 50分年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回 50分年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・リタリコワンダー:コースにより異なる

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!