本文へスキップ

子どもロボット教室プログラミング教室。無料体験授業レポート、口コミ評判

トップページコラム > プログラミングの基礎を子どもに遊びながら教える方法

プログラミングの基礎を子どもに遊びながら教える方法


2020年から小学校でプログラミングが必須科目となることが決まりました。

そこで、習い事にプログラミングを加えようかと思っているパパやママも多いのはないでしょうか。

そうはいっても、パパやママの時代はプログラミングを義務教育では一切習う機会がなかったので、「プログラミングって何?」と思われている方も多いですよね。

そこで、今回は、子どものプログラミング学習に興味のあるパパやママに、子どもと楽しく学ぶプログラミングの基礎についてお伝えします。

実はプログラミングは生活の至る所に存在する

スマホで会話する女の子

プログラミングというと、皆さんは何を思い浮かべますか。 スマートフォンのアプリや、パソコンのソフトウェアなどでしょうか。

実は、プログラミングが私達の生活の至る所に存在している事をご存知ですか。

例えば、銀行のATMは、お金の出し入れなどのやり取りの全てがプログラムによって行われています。

もっと身近なケースでは、冷蔵庫や洗濯機、炊飯器といった毎日使う家電製品も、プログラムによって動いています。

子どもとプログラミングを学ぶ際には、ぜひ「プログラミングはとても身近な存在なんだよ」というところから教えてあげて下さい。

きっと「え?家中の物にプログラミングが使われているの?」と、とても興味を持ってくれますよ。

ママとパパがロボットになる遊び

家族写真

プログラミングの基礎を学ぶのに、一番簡単な方法をご紹介します。

それは、見出しの通り、パパやママがロボットになって、子どもの指示で動くという簡単な遊びを利用する方法です。

例えばお子さんが「前に2歩進んで」といったら、前に2歩、「手を挙げて」と言ったら手を挙げます。

そこで注意して欲しいのが「指示で言われた以上の事をしてはいけない」という点です。

通常、パソコンは、私達の感情まで読み取ることは出来ないので、指示した以上の動きはしてくれません。

プログラミングも同じで、例えば「○×という文字を画面に表示して」という指示を送ったら、「○×という文字を画面に表示する」という指示通りの動きしか行いません。

もし仮に「○×は漢字に変換するつもりだった」としても、パソコンはそのような意図は汲み取ってくれません。

ですから、この遊びでも例えばお子さんが「前に進んで」と言ったら、「何歩」とは言っていませんし「ぶつからないように」とも言っていないので、壁にぶつかるまでひたすら歩き続けて下さい。

指示をかなり細かいレベルまで行うのは、思ったより大変です。

この遊びを通して、プログラミングでコンピュータに指示を出すときは、かなり詳細についても指示をしなければいけないんだ、ということが理解出来るようになります。

プログラミングと聞くとパパやママも、子どもも難しいイメージを持ってしまうかもしれませんが、この遊びを通して、プログラミングの基礎を学ぶ事ができますよ。

ママの1日の動きをプログラミングで考えてみよう

小学生男子の1日のスケジュール

ロボット遊びに慣れたら、オススメなのが、子どもと一緒にママの1日のうち、この時間と決めた時間帯の動きをプログラミングで考えてみるのがオススメです。

例えば朝の8時〜2時間を選んだら、「朝起きる」「子どもを起こす」「朝食を作る」といった感じです。

物事を筋道立てて、時間の流れに沿って考えるのは、プログラミングでとても必要な考え方です。

さらに、慣れてきたら、色々な場合を想定して、行為を分岐させてみて下さい。

例えば、「朝8時になったら起きる」「眠かったら二度寝」「雨だったら、慌てて降りる」「晴れだったらのんびり子どもを起こしに行く」「日曜だったら〜」のように、たくさんのパターンを考えます。

そして、しっかり考え終わったら、実際に翌日から何日間か、その想定したパターンのどれかにママの行動が当てはまったか確認してみて下さい。

「宅急便が来て、玄関で応対した」「電話がかかってきて、電話で話していた」など、想定していなかった行動がいくつか出てくるはずです。

このような例外を考えることもプログラミングでは大切で、いかに例外処理を思いつく事が出来るかもプログラマーの大切なスキルです。


プログラミングの基礎は日常生活でも学べる

学校でお絵かきする小学生の子供

このように、プログラミングの基礎の基礎は、日常生活から学ぶ事が出来ます。

そして、日常生活で基礎を学べば、遊びを通して楽しく学ぶ事ができるので、プログラミングについて苦手意識を持ちにくいです。

楽しみながら基礎を学ぶのが一番なので、ぜひ試してみて下さいね。

プログラミングの基礎を学んだ後は

プログラミングの基礎的な考え方を家庭で学んで、お子さんがプログラミングに興味を持ったら、ロボットプログラミング教室がおすすめです。

今回はママやパパをロボットに見立ててお子さんが指示を送って基礎を学ぶ方法をご紹介しましたが、ロボットプログラミング教室では、ママやパパの代わりにロボットをプログラミングで動かすことができます。

言葉ではなく、プログラミング言語を使用するので少々難易度は増しますが、家庭で基礎の基礎を学んだ後なら大丈夫、きっと楽しくロボットプログラミングを学ぶ事が出来ますよ。

小学校のプログラミング必須化を見据えて、ロボットプログラミングの教室もたくさん増えてきましたので、ぜひお子さんにぴったりの教室をみつけてあげて下さいね。

ロボットプログラミング教室ナビゲーション