⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

ロボット教室の効果!通い始めてこんな良いことありました

小学生の習い事としてロボット教室が人気になっています。

ロボット教室ではロボットを組み立てるという作業を通して、機械やプログラミングの知識を習得できるカリキュラムが提供されています。

IT技術がますます進歩していく現代でプログラミングができることは大きな強みです。

英語、水泳、作法に次ぐ注目の習い事ともいわれているロボット教室ですが、子どもが通うことで身に付くこと、効果は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

ロボットプログラミング教室の月謝を比較!

効果①論理的な考え方ができるようになる

ロボット製作に没頭する男の子

ロボットの組み立てを通じてプログラムの構造をはじめとするロボットに関する知識はもちろんのこと、論理的な思考を養えます。

ロボットを動かすためのプログラムはすべてプログラミング言語という特殊な文字列です。

ロボット製作のうえで、プログラムを正しく読み解きどのような指示を与えれば動作をコントロールできるのか、もしくは頑張って作ったロボットが作動しないといった問題にぶち当たることが少なからずあります。

そんなときに自らの課題を明らかにし、子どもならではの自由な発想で解決していくことによって論理的な思考を自然と身に付けられるのです。

「ロボット教室」体験授業に参加するには?

効果②勉強が好きになる

ロボットを修理する少年

ロボット製作で遊びながら勉強することで勉強嫌いを克服できます。

ロボットを完成させるために試行錯誤を繰り返していくうちに自分の頭で物事を考え、作り出すことが楽しいと思うようになります。

子どもはもともと興味のないことに関しての集中力はあまり継続しません。しかし、ロボット作りが好きな子どもはそのことになると高い集中力を発揮します。

集中力を高く保つことができるようになると、勉強に対する集中も続くようになり学力の向上が期待できます。

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

効果③理系に強くなる

読書するロボット

現代は理系離れが進んでいるといわれていますが、ロボット製作を通して理系科目の苦手意識はなくすことができます。

教科書に載っているような堅い理論ではなく、ロボットを作るという実践的な場面で理系の知識に触れる機会を増やせるので知識の定着もよく、理系科目への興味が掻き立てられるのです。

ロボットを作る過程において平面図を立体的に把握する作業が伴うことがありますが、その作業をこなしていくうちに物事の本質を瞬時に判断する空間認識能力が養われることにもなります。

空間認識能力は学力や運動能力の高さにも関連し、多方面で活かされる能力です。

この能力は8歳頃に成長のピークを迎えるといわれており、子どもの頃にどのような経験をしておくかがとても重要なことだとわかります。

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしよう!

ロボットプログラミング教室の学習内容

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト

自作ロボットのイラスト

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー満足・評判月2回 90分年長~口コミ
9,00028,500全国1300
リタリコワンダー月2回 90分小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回 50分年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回 50分年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・リタリコワンダー:コースにより異なる

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!