本文へスキップ

おすすめ子どもロボット教室、プログラミング教室。口コミ・月謝・無料体験レポート

トップページコラム > 親子でプログラミングを学ぶならスクラッチがおすすめ!

親子でプログラミングを学ぶならスクラッチがおすすめ!


2020年に小学校でプログラミング教育が必修となることが決まりました。

プログラミング教育の必修を機会に、子どもにプログラミングを習わせようと思っているママも多いのではないでしょうか。

プログラミング教育必修化の対策に、子どもをプログラミング教室に通わせるだけではなく、ママも子どもと一緒にプログラミングの勉強をしてみませんか?

親子で勉強するなら断然「スクラッチScratch」という言語がオススメです。

スクラッチ(Scratch)って何?

家族でプログラミングを勉強

スクラッチは「MITメディアラボ」が開発した、子どもや初心者でも感覚的に扱うことが出来る新しいプログラミング言語です。

既存のプログラミング言語は、子どもや初心者の方には難解で文字だらけ、見るだけで「無理」と思ってしまう方も多いと思います。

しかし、スクラッチはとっても簡単で、教育のために作られた言語なので、子どもが扱うのにぴったりな言語なんですよ。


スクラッチが簡単な理由

パソコン・タブレットPC・スマホでプログラミング学習

プログラミングと聞くと、コードがたくさん書かれた画面を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 スクラッチの開発画面は、コードが書かれた画面ではなく、カラフルで画像がたくさんの明るい画面です。

例えば、りんごのアイコンを選んで、「アイコンが」「クリックされたとき」「15度右に回す」などと命令文を組み立てていきます。

すると、りんごのアイコンを選ぶと15度右に回るプログラムがあっという間に完成です。

日本語の文を組み立てるだけで、プログラミングが出来てしまうんです。 とっても簡単だと思いませんか。


スクラッチで何が出来るの?

パパからプログラミングを教えてもらう息子

スクラッチを使用すると、前述のように開発画面で、選んだアイコンを好きなように操ることが可能です。

また、「スタディーノ」というスクラッチをベースにした開発環境を整えることで、パソコンの画面上ではなく、机の上に置いた板の上のロボットを動かすことも出来てしまいます。

画面のアイコンを動かすのも楽しいですが、目に見えるロボットを光らせたり動かしたり出来るので、子ども達にはとても楽しい経験だと思いますよ。

ロボットを動かすプログラムを作る場合も、画面の物を動かすプログラムを作る場合も、ちょうどレゴや積み木を積み上げるような感覚で、サクサクと出来てしまうので、勉強というより遊びのように学ぶことができます。

お堅い勉強と違って、とっても楽しそうですよね。

小さな子どもでも大丈夫?

親子で楽しくスクラッチを学ぶ

最近は小学生に上がる前の子もスマートフォンやタブレットなどの電子機器に触れて育つ子が増えてきました。

少しスマートフォンやタブレットなどを触ったことがあるだけでも、じゅうぶん基礎が出来ていますよ。

前述してきたように、スクラッチによるプログラミングはとても簡単なので、アプリでゲームをするのと難しさには大差がありません。

海外では日本より早い時期からプログラムを学習し始めるので、むしろ2020年からでは遅いくらいなんですよ。


将来、プログラミングの基礎になるの?

母親からパソコン操作を学ぶ娘

スクラッチで習得する事が出来る、何かを達成するための命令文を組み立てていく作業は、必ずプログラミングの基礎力となります。

私はITエンジニアとして今も現役で働いていますが、どの言語を使用するときも、コンピュータに行わせたい命令をどのように上手く組み立てていくかが、プログラミングでは一番重要です。

スクラッチを勉強することで、命令文を効率良く組み立てる事が出来るようになれば、どんな言語でも使いこなせるようになりますよ!


子どもと一緒に、ママも勉強しよう

ママ・長男・長女

「子どもだけに、プログラミングを習わせれば良いや」と思っているママ、どうかお子さんと一緒にプログラミングを勉強してあげて下さい。

ママが小学生の時も、算数や国語など、分からない事があったときは、お父さんやお母さんに尋ねたりした事はありませんか?

せっかく子どもが勉強に興味を持って、質問してきているのに「ママはプログラミングを全くしたことが無いから分からないよ」ではお子さんはがっかりしてしまいますよ。

子どもに習わせるだけでなく、是非ママも勉強して、子どもに質問されたら「それはね」と教えてあげられるようになりましょう。

子ども向けプログラミングの塾に一緒に通うことは出来ませんが、塾で使用しているのと同じ開発環境を家に整えて、子どもに習ってきた内容を教えてもらうのも良いですし、書籍を買って勉強するのも良いですね。

とっても簡単で楽しいので、きっとやりはじめたら、ママも一緒になってはまってしまいますよ。

スクラッチはどこで習えるの?

スクラッチ楽しい

スクラッチは全国の子ども向けのプログラムを教えている教室で習うことが出来ます。

扱っている教室と、扱っていない教室があるので、口コミなど調べてみて下さいね。

書籍でも、もちろん学ぶことは出来ますが、応用編はさておきやはり基礎はプログラミング教室で1から教えて頂くのがオススメです。

本を読んでいるとつい、本に集中しがちですが、プログラミングは手を動かして覚えていくものなので、お子さんの習い事として是非ご検討下さい。

たいていの教室では、スクラッチで画面のアイコンを動かすのではなく、ロボットを動かして学習する教室の方が多いです。

スクラッチ以外にも、「エムブロック」という子ども向けの言語がありますが、この「エムブロック」もほとんどスクラッチと同じで体感的に学べる言語です。

「スクラッチ」「エムブロック」をお子さんに学ばせてみたい方は、全国のロボットプログラミングの教室を探してみてくださいね。

ロボットプログラミング教室ナビゲーション