⇒実際にエジソンアカデミーを体験したので口コミします。

MITってどんな大学?「Scratch」を開発したマサチューセッツ工科大学について。

今回は小学生向けのプログラミング教室で数多く用いられている、Scratch(スクラッチ)と、それを開発したMIT(マサチューセッツ工科大学)についてお話しします。

Scratch(スクラッチ)とは?

スクラッチScratchの画面。猫のキャラクターを動かします。

↑Scratch(スクラッチ)の画面。キャラクターを動かすプログラムを作ります↑

Scratch (スクラッチ) は、MITメディアラボが開発したプログラミング言語学習環境です。

子どもやプログラミング初心者であっても視覚的にプログラミングできる(ビジュアルプログラミング)というのが大きな特徴です。

通常、プログラミングというと、黒い画面に淡々と文字を打ち込んでいく姿を想像する方が多いと思います。

実際に、私の経験から言っても、プログラミングというのはそういう作業が大部分を占める地味な作業です。

しかし、Scratch(スクラッチ)の製作者はビジュアルプログラミングという特徴を生かし、子どもたちが可能な限り簡単に学習できるようにソフトをデザインしています。

具体的に説明すると、Scratch(スクラッチ)はブロックを組み合わせてプログラムできるようになっており、実際にコードを書く必要はありません。

これにより子どもたちは試行錯誤を繰り返しながら、楽しんでプログラミングをできるようになっています。

⇒スクラッチでプログラミング学習できる「こどもプログラミング教室」に行ってきたので口コミします。

MIT(マサチューセッツ工科大学)とは?

スクラッチscratchを開発したマサチューセッツ工科大学とは?

実は、Scratch(スクラッチ)は毎年多くのノーベル賞受賞者を排出するかの有名なMIT(マサチューセッツ工科大学)で開発されました。

MITのメディアラボという研究所に所属する幼児教育と情報工学に関する開発を多く手がけているミッチェル・レズニック教授のグループによって作成されました。

では、このマサチューセッツ工科大学(以下、MITと略)とはどのような大学なのでしょうか。

早口言葉で例題としてよく出てきますので、もしかしたら名前ぐらいは聞いたことがあるという方がいるかもしれません。

今回の記事ではMITがどういう大学なのかもう少し突っ込んで説明してみます。

⇒DNA用のプログラミング言語がMITで開発されたんだって。すごい!!

MITは世界でもトップレベルの大学

ロボットプログラミング教室の口コミ評判

MITはアメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジに位置しており、世界大学ランキング(QS World University Rankings)によると、MITは7年連続で世界一の大学となっています。

日本で最もランクの高い東京大学ですが、2019年のランキングでは23位、京都大学は35位となっています。

もちろんどのランキングを見るかによって多少の変動はありますが、MITはどのランキングを見ても常に上位に位置しています。

この結果から見ても明らかなように、MITは世界でもトップレベルの大学であることが分かります。

先ほど述べたように、MITに在籍したことのあるノーベル賞受賞者数もとても多く、81名と圧倒的な数字を誇っています。

日本人のノーベル賞受賞者数(自然科学分野)は全部で22人なので、MITがどれだけすごい大学かわかるでしょう。

MIT(マサチューセッツ工科大学)はアメリカの大学なのですが、アメリカ人のこれまでのノーベル賞受賞者数は261人なので、アメリカ全体で見てもおよそ1/3の受賞者がMITに在籍したことになっています。

マサチューセッツ工科大学というだけあって、MITは物理学や工学分野に非常に特化した大学です。

ロボットコンテストやプログラミング分野では常に世界トップレベルを維持して、常に革新的な研究を発表しています。

ちなみに近くに位置するハーバード大学とは常に世界大学ランキングの1、2位を争うライバル関係でありますが、共同研究も多く行われています。

⇒ノーベル賞を受賞すると儲かるの?大人の事情。

MITの卒業生&関連した日本人

ロボット教室プログラミング教室で体験できるscratchスクラッチとは?

MITの著名な卒業生にはアポロ11号に登場した宇宙飛行士のバズ・オルドリンや、世界最大のパソコンメーカーの一つであるヒューレット・パッカード(HP)の創設者であるウィリアム・ヒューレットなど数え上げることが困難なほどです。

他にもMITに関連した日本人としては、ノーベル賞を受賞した利根川進教授や、タンジブル・ビットという新たな形のコンピュータを開発している石井裕教授、冒頭のScratch(スクラッチ)を開発したMITメディアラボの所長を努めた伊藤穰一所長などがいます。

⇒スクラッチを開発したMITの教授が書いた本の内容をまとめました。

MIT(マサチューセッツ工科大学)に入学するには?

MITマサチューセッツ工科大学に入学するには?

もちろんこれだけ有名な大学ですから、入学するのは並大抵のことではありません。

当然のように成績が優秀であり、尚且つ学力以外のプラスαで秀でている受験生が毎年集まります。

毎年約2万人が応募しますが、合格率はなんとたったの8%で、ある年の日本人入学者数は2名のみだったようです。

また学費も非常に高額で、1年間の学費が約520万円、生活費や寮費を含めると年間700万円近くかかるようです。

これは日本の国立大学の年間学費のおよそ10倍となっています。

実際には、MITの学生の多くが奨学金(日本の奨学金と異なり、返済のいらないもの)を受け取り、経済的な負担を軽くできるよう努力しているようです。

このようにMIT(マサチューセッツ工科大学)は世界的に非常に優秀な大学です。

入学が難しく、学費も高額ですが、MITのような素晴らしい環境で勉学に励むことができるのはとても貴重な経験であり、価値のあることに間違いないですので、小学生のお子様を持つ親御さん方は、ぜひ子供と共に目指してみてはいかがでしょうか。

⇒日本とアメリカの大学、入学方法の違いを解説します。

▼全国200教室、スクラッチでプログラミング学習「こどもプログラミング教室」小3~▼
ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室のテキスト 体験レポ!こどもプログラミング教室にいった感想。小学生ママの口コミと月謝のこと。