⇒実際にエジソンアカデミーを体験したので口コミします。

博士号の英語表記はDr.とPh.D.どっちが正解?違いは何?ロボット博士になりたい子必見

博士号の英語表記であるDr.とPh.D.の違いについて。

将来「ロボット博士になりたい子」にぜひ知ってもらいたい。博士関する豆知識をご紹介します。

博士号の英語表記である『Dr.』と『Ph.D.』の違いについてです。

博士号ってなに?

博士号取得を目指して勉強中の学生。博士号ってなんだ?

この読者は小学生・中学生が多いと思います。

皆さんはいずれ大学に入ることになると思いますが、大学で4年間自分が選択した分野について研究や勉強すると『学士号』という学位がもらえます。

その後、大学院に入学し2年間研究をすると『修士号』をもらうことができ、更に3〜6年間研究を続けて成果が認められると『博士号』を取得することができます。

誤解を恐れずに言うと『学士号』はその分野の知識があるという証明になります。

また、『修士号』はその分野である程度実践的に知識があり多少は研究的なことをしたことがあるという証明になり、

『博士号』はその分野で最先端の知識を持ち、最先端の研究を行って、人類の英知を広げたという証明になります。

⇒アメリカと日本の大学の違いって?入学方法から学びの違い、学費のことまで。

博士号を英語でどう表記するの?

博士号のことをドクターDr.と英語で書きます。phdとの違いを知りたい

これらの学士・修士・博士号は世界共通の学位で、学士号はBachelor degree、
修士号はMaster degreeと英語で表現します。

では『博士号』はなんと表現するかというと、『Dr.(ドクター)』と言ったり、『Ph.D.(ピーエイチディ)』と言ったりします。

例えば、私は工学分野で博士号を取得しているため、日本語では『博士(工学)』などと名刺などに書いてあります。

一方で英語の場合は『Ph.D.』と表現するようにと私が卒業した京都大学から言われています。

大学によっては『Dr. of Engineering』と表現するように言われている大学もあるようです。

⇒アメリカの小学生にはどんな習い事は人気なの?

『Dr.』や『Ph.D.』の違いはどこから来るのでしょうか?

Dr.とPhdの違いは?

まずこの違いを考えるときに、『Dr.』と『Ph.D.』とはなんの略称なのか考えてみましょう。

答えを言ってしまうと、『Dr.』はDoctorの略で、『Ph.D.』はDoctor of Philosophyの略です。

Doctor of Philosophyは日本語に直すと、哲学博士のことです。

あれ?私は工学分野で博士をとったのに哲学博士になるというのは少しおかしい気がしますね。

これは何故かというと、もともと学問というのはギリシャにおいて哲学分野から始まったからと言われています。

苫野一徳という哲学者によると、哲学は「本質」を洞察することで、その問題を解き明かすための「考え方」を見出す営み、だそうです。

これはすべての学問に通じることですね。

このように、学問が始まったときは工学や理学、物理学、文学などの違いはなく全て哲学を基礎としていたため、たとえ工学博士であっても慣習に則って『Ph.D.』と呼ぶようになっています。

⇒アメリカの小学校、プログラミング教育最新情報!

具体的な使用例

ロボット博士になりたい小学生

次に、『Dr.』と『Ph.D.』の違いを考えるために『Dr.(ドクター)』がどういうときに使われるか具体的な例を考えてみましょう。

例えば『Dr.〇〇』と呼ぶのはどういうときか考えてみましょう。

皆さんの身近に『Dr.(ドクター)〇〇』と呼ばれるような人はいるでしょうか?少し考えてみてください。

米倉涼子さん主演の「ドクターX」というドラマがありますよね。

これはお医者さんをテーマにしたドラマです。そうです。お医者さんのこともドクターと呼びますね。

他にも任天堂のキャラクターでドクターマリオというお医者さんの格好をしたマリオのキャラクターもいますね。

このように大学院でなにか研究をして博士号を取得しなくても、お医者さんであればドクター(Dr.)と呼ばれます。

この場合は、欧米では『M.D.』つまりMedical Doctor(医学博士)と呼び、通常のDr.と使い分けることもあります。

つまり、『Dr.』というカテゴリのなかには医学博士もあるし、哲学博士も含まれているということです。

そのため、私は『Dr.』でもありますが、『Ph.D.』でもあるのです。どちらで呼んでも間違いではありません。

『Dr.』と『Ph.D.』の使い方

試行錯誤、簡単に博士にはなれない

ただし、『Dr.』と『Ph.D.』には使い方があり、時と場合によって使い分ける事が多いです。

例えば、『Ph.D.』は書類やメールなどで肩書をかくときに使うことが多いです。

「Yamada Taro Ph.D.」などと書きます。一方で誰かを呼びかける場合などはDr.を先頭につけて、「Dr. Yamada」などと呼ぶことがあります。

ただしこれはMr.やMs., Mrs.などと同じようにある程度距離がある関係性の場合でのみ使います。

ある程度お互いを知ると『Dr.』をつけて呼びかけることはありません。

『ポスドク』はポストドクターの略

ポストドクター(ポスドク)は博士研究員のこと

ちなみに私は現在、アメリカの大学で『ポスドク』というポジションについています。

ポスドクとは日本語でポストドクター、英語でPost-doctoral fellowの略で、博士研究員とも呼びます。

英語ではPost-docと略して呼ぶことが多いです。

ポスドクは博士号を取得後に大学で助教授になる前の修行期間のようなものです。

ポスドクの期間に良い研究をして、論文を発表することが仕事になります。

いわゆる研究職という仕事なので、ポスドクには特に決まった期間などはなく、大学や企業でより良い職が見つかればポスドクから転職していく人が多いです。

一般的には3〜5年程度でポスドクから転職していく人が多いです。

以上、博士号の英語表記であるDr.とPh.D.の違いについて説明しました。ご理解いただけましたか?

ロボット博士になりたい子は、大学院で博士号を取得することを目標に勉強をがんばりましょう。

パパママはがんばって学費を貯めないとですね。

▼全国1400教室、業界最大手「ヒューマンアカデミーロボット教室」年長・5才~▼
ヒューマンアカデミーロボット教室 ヒューマンアカデミーロボット教室の体験授業にいった感想。本音の口コミ。