⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室はこちら!

アメリカの小学生に人気の習い事とは?

アメリカの小学生に人気の習い事

さて、今回はアメリカ西海岸に在住の私(研究者)が思うアメリカの小学生に人気の習い事を紹介させていただきたいと思います。

日本で人気の習い事とは少し違うので面白いかもしれません。

アメリカ人、幼少期の習い事

アメリカにある子供のお絵かき教室

そもそもアメリカにおいて習い事は、どういう目的でなされているのでしょうか。

実は日本と同様に、習い事は子どもの成長を肉体的・精神的に促進する役割を担っていると考えられており、習い事をさせるのは子どもの将来のためになると考えられているからです。

そんなアメリカの習い事の中で、生まれてから最も早く始めることのできるアクティビティとして人気なのがMommy & Meクラスです。

これはアメリカにおける新米ママをサポートしてくれるシステムであり、子どもが生まれる前の妊婦の時期から授乳の仕方などのレッスンが始まります。

そして子どもが生まれたあとは、そのまま歌やお遊戯、あるいは手遊びなどを母子で行う場となります。

水泳やミュージックなどを習うことができますが、あまりに児童が幼すぎるのでほとんど身につかないケースもあり、ここは賛否の別れるところです。

しかしながら、非常に幼い段階から子どもに教育という投資をする、まさにアメリカらしい習い事の入門といえる場ですね。

⇒日本の小学生に人気爆発の習い事。ロボット教室とはどんなものか小学1年生と体験に行ってきました。

スポーツ大国アメリカ

バスケットボールをするアメリカ人

子どもが少し大きくなって小学校に入ると、本格的な習い事が始まります。

そしてなんといってもアメリカで最も人気を博している習い事は、男女関係なくチームスポーツです。

しかしながらその中で、どのスポーツが最も人気であるかというのは少し難しいです。

というのも、日本では一度始めたスポーツを何年間も続けることが一般的ですが、アメリカでは季節によって行うスポーツを変えるからです。

例えば、男子児童が春に野球、秋にサッカー、冬にバスケットボールをするというのがありがちなパターンです。

つまり小学生で一つのスポーツを長期間で習い続けるというのは、日本ほど一般的ではありません。

アメリカ人の地元のスポーツクラブでは、1シーズンを3ヶ月ほどで行いますので、季節の変わり目とともに、新しい季節がきたらスポーツも新しいものに変えるのです。

そんなスポーツでトップの人気を博しているものを何個か挙げるとしたら野球、サッカー、アメフト、バスケットボールなどでしょうか。

サッカー以外はアメリカのメジャースポーツばかりですね。

通常、平日の夕方に週2回ほどの練習があり、週末に練習試合が行われるというのが一般的で、週末になると家族総出で子どものスポーツを観戦しに行くというのがよく見られる光景です。

祖父母も同伴で来ることもあり、家族間の交流のきっかけにもなっています。

そして、子どものチームには両親によるボランティアが必須となっており、これは親と親の間の交流を促すきっかけになっています。

しかしながら、長時間を子どもの習い事に使うことになり、場合によっては遠征などでかなりの金額のお金を使うことになります。

そのような手間暇をかけてまで習い事をさせるのには、アメリカならではの隠れた理由があります。

実はチームで秀でた才能を見せつけることで、クラブチームからの勧誘が来るのです。

クラブチームには上手い選手たちが集められており、より専門的なコーチがつき、地域のトーナメントなどに出場するようになります。

そして、高校で学校の代表に選ばれることが一つのゴールとなっています。

なぜならば、学校の代表になることで大学進学も視野に入ってくるからです。

アメリカの大学入試では学力による審査だけでなく、様々な課外活動を考慮するので、高校の代表チームとして活躍していた経歴は大変大きな実績となります。

そこから奨学金が支給され、本来ならば大学進学が叶わない家庭から、大学に通うことを実現させた人が大勢います。

アメリカの大学の学費は大変高い(一年間で数百万円はザラです)ので、奨学金狙いで幼少期から子どもをスポーツの道に入れるという家庭がお多いのも納得ですね。

アメリカの大学と日本の大学の違い。入試制度・学び・学費の違いの詳細はこちら!

スポーツ以外の習い事

楽器と女の子・男の子

とはいえスポーツ大国のアメリカですが、当然スポーツ以外の習い事も広く親しまれています。

例えば、ピアノ、バイオリンなどの楽器は小学生の定番の習い事ですね。

スポーツ同様に、小学生の段階で音楽の道に絞っていく子どもももちろんいます。

日本の音楽教室との大きな違いは、大勢の子どもを集めて教室でレッスンというよりは、個人レッスンがきわめて多いという点でしょうか。

他には、日本で定番の勉強に関する習い事ですが、日本では定番の習い事である英語というものは当然存在していませんし、そもそも学習塾に通うというのも一般的ではありません。

アメリカ人は英語しか話さず、また他の外国語に興味がないことが多いので、外国語を子どもの頃から勉強するということはあまりありません。

ただし、公文はKUMONとして国際的な展開を見せており、アメリカ人からも十分な人気を博しているのも事実です。

アメリカの小学校でのプログラミング教育についてはこちら!

人気の習い事まとめ

天才キッズ

アメリカ人の習い事を人気順にランキング形式で並べるのは難しいですが、全体的な傾向としてまとめると野球、サッカー、アメフト、バスケなどのチームスポーツが圧倒的に人気があります。

これは単にアメリカ人のスポーツに対する意識の高さというのもありますが、むしろアメリカにおける大学進学の難しさなど、ずっと先の将来を見据えているといえるでしょう。

また、楽器やKUMONなどの非スポーツの習い事も盛んに行われており、これらもメジャーな習い事として広く認知されています。

⇒eスポーツ選手になるには?海外でもeスポーツは人気です。

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしてね。

ママ

気になる教室をみつけたら体験授業にGO!
ユウちゃんはたくさん体験してからイチバン楽しかった教室に通いはじめたよ。
⇒この教室です。

人気ロボットプログラミング教室の月謝・教材費を比較

教室名をクリックすると詳細ページに移動します。

←スマホは横にスクロールしてください。

入会金
0円
月謝
1万円以下
教材費
3万円以下
その他
ヒューマンアカデミーロボット教室
入会金月謝が安い教材費が安い追加費用が少ない
10,0009,00028,500
アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ
入会金が安い月謝が安い教材費が安い2年目の教材費16,000円。
月謝等は個々の教室により異なります。
なし7,50025,000~
クレファス/キックス
高いほぼ毎年追加教材費あり
20,00013,00024,000~
リタリコワンダー
15,00011,00062,500
こどもプログラミング教室
入会金プログラミングのみ。
ロボットは作りません。
10,0009,000600
テックキッズスクール
プログラミングのみ。
ロボットは作りません。
なし19,0002,000/月
Z会プログラミング講座
通信教育
なし3,935~24,000
D-SCHOOLオンライン
通信教育
なし2,985~3,000~
レゴスクール
高い毎年教材費あり
10,000~12,5008,400~
アクシス
月額教材費:1,980円
なし7,390貸出
プログラボ
高い無料貸出。購入可5~6万円
なし9,000貸出
もののしくみ研究室
入会金が安い月謝が安い教材費が安い毎年追加教材費あり
5,0008,00027,000
ロボ団
高いiPadを持っていない場合
できれば購入
10,00011,000貸出
スタープログラミングスクール
高いコースにより異なる
6,0009,000~60,000
トライ式プログラミング教室
入会金が安い月謝が安い教材費が安い教材の分割払い可能
10,00014,00045,000

*税別です
*別途テキスト代・維持費等が毎月かかる教室もあります。(数百円~数千円)
*教材費は初回に必要な金額です。
*同じ教室内でも月謝が異なることがあります。

MEMO

人気ロボットプログラミング教室の「小学1年生」が入学できるコースの比較。

・ヒューマンアカデミーロボット教室:ベーシックコース
・アーテックエジソンアカデミー:自考力キッズ
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・Z会プログラミング講座:基礎編
・レゴスクール:イノベイター

教材費

教材費は入会時に購入。さらにコース変更するごとに教材購入のために追加費用が発生することもあります。

教材を貸出してくれる教室のほうが初期費用で比較すれば絶対に安いです。ただし、実際に教室に通学しはじめると自宅で復習したり遊びたくなるので、結局購入することが多いようです。

【ロボットクリエイター高橋智隆監修を教材に使用している教室】

ヒューマンアカデミーロボット教室

【アーテックブロックを教材に使用している教室】

アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ 自考力キッズは幼児・年長のロボットプログラミング教室

【レゴマインドストームEV3を教材に使用している教室】

クレファスcrefus/キックスkicks litalicoワンダー  Z会プログラミング講座・通信教育

ママ

いっぱい体験してから入会を決めればいいよ。まずは楽しみましょう。
自作ロボットのイラスト

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室 d-schoolオンラインプログラミングスクール

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

ヒューマンアカデミーロボット教室 アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ クレファスcrefus/キックスkicks litalicoワンダー

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

全国1300教室(ヒューマンアカデミー) 全国900教室(エジソンアカデミー) 全国200教室(こどもプログラミング教室) 全国110教室(クレファス) 通信教育(Z会)

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

学費・教材費の比較はこちら!

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

体験したので口コミします。

▼全国1400教室、ロボットを作りたい子におすすめ「ヒューマンアカデミーロボット教室」5才~

ヒューマンアカデミーロボット教室 ヒューマンアカデミーロボット教室の体験授業にいった感想。写真つき口コミ

▼ロボット作りとプログラミングを両方学べる「Artecエジソンアカデミー」小3~

アーテックエジソンアカデミー 【体験レポ】アーテックエジソンアカデミーロボットプログラミング教室にいってきました。口コミ評判

▼パズル×ロボット×プログラミング学習「自考力キッズ」年長~低学年向け

自考力キッズに通学中なので口コミします。楽しいのですがデメリットに感じることも。

▼サイバーエージェントの小学生プログラミング教室「Tech Kids Schook」小2~

techkidsschool、テックキッズスクール テックキッズスクール Tech Kids School を体験した感想。小学1年生母の口コミ評判

▼全国200教室、ゲーム好きな子は絶対ハマる「こどもプログラミング教室」小3~

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室のテキスト 体験レポ!ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室にいった感想。小学生ママの口コミ

近所のロボットプログラミング教室を探そう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です