⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室はこちら!

夏休みはサマーキャンプ(サマースクール)に行こう。アメリカのSTEM留学が人気。

海外留学する小学生が増えていますね。

そこで、小学生のサマーキャンプ事情について解説します。

サマーキャンプ(サマースクール)とは?

夏休みはサマーキャンプ(サマースクール)に行こう

最近、英語教育の延長として海外でサマーキャンプを行う小学生が増えてきています。

国内で英語の塾やクラスを受けるだけでなく、実際に海外に短期留学をして現地での生の経験や英語コミュニケーションをとることで、単なる英語教育を超えた、より一層質の高い経験をすることが目的となっています。

ではサマーキャンプでは具体的にどこで何をするのでしょうか?

サマーキャンプでは、実際にキャンプをして過ごすというコースもありますが、キャンプに限らず現地で暮らす家庭と触れ合ったり、アクティビティに参加するなどのコースもあります。

こういったコースはサマーキャンプではなく、サマースクールと呼ぶこともあります。

対象は小学生・中学生・高校生と幅広くなっており、さらに単に滞在して英語でコミュニケーションをするだけでなく、現地でゴルフ・野球・テニス・サッカー・ダンスなどのアカデミーやクラスに参加するというコースも数多く存在します。

⇒日本ではリタリコワンダーが夏休み限定で「サマースクール」「サマーラボ」を開催しています。

どの国のサマーキャンプが人気?

サマーキャンプ(サマースクール)の多くはアメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリアなどの英語圏で行われます。

サマーキャンプは日本の夏休み(7,8月)に合わせて参加することが多いため、その時期に気候の良いカナダやアメリカ北部の人気が特に高いようです。

また、日本の冬休みに合わせて参加することもあるようです。

その場合は、日本と気候が逆のオーストラリアやニュージーランドなどの人気が高いようです。

STEMが学べるコースが人気

STEMが学べる短期留学は小学生中学生に人気

サマーキャンプではコースごとに内容が全く異なります。

例えば「寮に滞在するのかホームステイをするのか」、「参加期間」、さらに「子供1人で参加させるのが不安な場合は家族が同行する」ことが可能な場合もあります。

こういったサマーキャンプで特に人気が急上昇しつつあるのが、STEM系科目をアクティビティに取り込んだコースです。

STEMとはScience, Technology, Engineering, Mathの略称でいわゆる日本の理系のような科目群です。

これらの科目はアメリカ国内でも超重要視されており、これらの科目を専攻にするかどうかで就職のしやすさ、ビザのとりやすさが大きく異なります。

当然STEM科目はアメリカで重要視されているため、就職・ビザともに最も有利な科目となります。

⇒アメリカの小学校ではSTEM教育がはじまっている。

STEM留学ではどのようなことをするの?

STEM教育、プログラミングを学ぶ

STEM系のサマースクールではプログラミングや数学、ロボティクスなどの授業を受け、さらにその授業のアウトプットとして実際に無線機器を工作したり、ゲームやアプリをコーディングしたり、AIを自作したりするコースも存在します。

有名なのはスタンフォード大学でのコースですが、このコースの場合、1週間のコースでおよそ40万円前後、2週間のコースで60万円前後の費用となっています。

STEM留学は世界的にも注目されているだけあって費用も少し割高です。

一般的なアクティビティの場合はもう少し安く、1週間で10~30万円、2週間で20~50万円程度となっていることが多いです。

⇒小学生に人気爆発★ヒューマンアカデミーロボット教室の体験授業にいってきましたので口コミします。

注意点

子どもサマースクール・サマーキャンプで海外留学しよう

お子さんを一人でサマーキャンプに行かせる場合、親御さんは海外での安全面がとても心配になることと思います。

日本の代理店などを通す場合は、現地でのスタッフがいる場合もあり、その場合はスタッフが現地での生活をサポートしてくれることもあります。

とはいえ日本人は安全意識が低いことが多いです。

必ず貴重品は鍵のかかったところ(部屋に付属の金庫など)に入れるようにしたり、何かあったときの対応策について子供はもちろんサマーキャンプの代理店と事前に話し合うことが大切です。

アメリカに住む研究者としての意見

アメリカ研究者はサマーキャンプについてどう思うのか

最後にアメリカに住む研究者としてのサマーキャンプ(サマースクール)に対してどう思うかの意見を述べてみたいと思います。

小学生に英語教育は必要ない

私個人としては、英語はそこまで早くから教育する必要はない、という立場です。

確かに早くからネイティブの英語に触れることで、英語の発音が少しネイティブに近づくという部分はあるかもしれません。

しかしながら、現在の英語話者のほとんどは非ネイティブとなっており、英語でコミュニケーションをとるためにネイティブに近い発音をする必要は全くありません。

まずは母国語で考える力を身ににつけるべき

それよりは、まずは母国語でしっかりと考える力を身につけるべきだと考えています。

たしかに日本人は海外各国と比べて英語が下手だとされていますし、海外にいる日本人を見るとたしかにそうだなと感じる部分もあります。

しかしながら、あくまで英語は自分の意見を伝えるツールです。

英語が上手くても肝心の伝える中身が空っぽではどうしようもありません。

私はアメリカの大学で教員をしていますが、非ネイティブの英語話者の教授はいくらでもいます。

もっとも重要なのは英語が上手に話せるかどうか、ではなく自分が他者に伝える中身があるかどうか、です(もちろん仕事をしていく上で最低限の英語は使える必要はあります)。

⇒小学生がプレゼンを学ぶことで身に付く力

サマーキャンプは海外に興味をもたせるために行かせよう

サマーキャンプ、サマースクールは小学生の良い思い出

このことから言えることは、サマーキャンプというのは、英語をうまくなるために利用するというのはあまり良い目的ではありません。

そもそも1・2週間海外に行ったところで英語はうまくなりません。

しかしながら、子供の頃に海外に(短期であっても)実際に住み、アクティビティをするというのは一生忘れない経験になるでしょう。

そのため、サマーキャンプは、将来的に海外の大学に行かせるなど海外指向を育てたり、海外に興味をもたせるという意味でならとても良い手段となるでしょう。

日本でもプログラミング学習のサマーキャンプ(短期体験)やっているのは、テックキッズスクール(主要都市)、リタリコワンダー(東京・神奈川)です。

 

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしてね。

ママ

気になる教室をみつけたら体験授業にGO!
ユウちゃんはたくさん体験してからイチバン楽しかった教室に通いはじめたよ。
⇒この教室です。

人気ロボットプログラミング教室の月謝・教材費を比較

教室名をクリックすると詳細ページに移動します。

←スマホは横にスクロールしてください。

入会金
0円
月謝
1万円以下
教材費
3万円以下
その他
ヒューマンアカデミーロボット教室
入会金月謝が安い教材費が安い追加費用が少ない
10,0009,00028,500
アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ
入会金が安い月謝が安い教材費が安い2年目の教材費16,000円。
月謝等は個々の教室により異なります。
なし7,50025,000~
クレファス/キックス
高いほぼ毎年追加教材費あり
20,00013,00024,000~
リタリコワンダー
15,00011,00062,500
こどもプログラミング教室
入会金プログラミングのみ。
ロボットは作りません。
10,0009,000600
テックキッズスクール
プログラミングのみ。
ロボットは作りません。
なし19,0002,000/月
Z会プログラミング講座
通信教育
なし3,935~24,000
D-SCHOOLオンライン
通信教育
なし3,685~3,000~
レゴスクール
高い毎年教材費あり
10,000~12,5008,400~
アクシス
月額教材費:1,980円
なし7,390貸出
プログラボ
高い無料貸出。購入可5~6万円
なし9,000貸出
もののしくみ研究室
入会金が安い月謝が安い教材費が安い毎年追加教材費あり
5,0008,00027,000
ロボ団
高いiPadを持っていない場合
できれば購入
10,00011,000貸出
スタープログラミングスクール
高いコースにより異なる
6,0009,000~60,000
トライ式プログラミング教室
入会金が安い月謝が安い教材費が安い教材の分割払い可能
10,00014,00045,000

*税別です
*別途テキスト代・維持費等が毎月かかる教室もあります。(数百円~数千円)
*教材費は初回に必要な金額です。
*同じ教室内でも月謝が異なることがあります。

MEMO

人気ロボットプログラミング教室の「小学1年生」が入学できるコースの比較。

・ヒューマンアカデミーロボット教室:ベーシックコース
・アーテックエジソンアカデミー:自考力キッズ
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・Z会プログラミング講座:基礎編
・レゴスクール:イノベイター

教材費

教材費は入会時に購入。さらにコース変更するごとに教材購入のために追加費用が発生することもあります。

教材を貸出してくれる教室のほうが初期費用で比較すれば絶対に安いです。ただし、実際に教室に通学しはじめると自宅で復習したり遊びたくなるので、結局購入することが多いようです。

【ロボットクリエイター高橋智隆監修を教材に使用している教室】

ヒューマンアカデミーロボット教室

【アーテックブロックを教材に使用している教室】

アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ 自考力キッズは幼児・年長のロボットプログラミング教室

【レゴマインドストームEV3を教材に使用している教室】

クレファスcrefus/キックスkicks litalicoワンダー  Z会プログラミング講座・通信教育

ママ

いっぱい体験してから入会を決めればいいよ。まずは楽しみましょう。
自作ロボットのイラスト

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室 d-schoolオンラインプログラミングスクール

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

ヒューマンアカデミーロボット教室 アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ クレファスcrefus/キックスkicks litalicoワンダー

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

全国1300教室(ヒューマンアカデミー) 全国900教室(エジソンアカデミー) 全国200教室(こどもプログラミング教室) 全国110教室(クレファス) 通信教育(Z会)

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

学費・教材費の比較はこちら!

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

体験授業にいってきました

ヒューマンアカデミーロボット教室 月謝が安い&追加費用がないロボット教室

アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ ロボット作りとプログラミングを両方学べる

自考力キッズは幼児・年長のロボットプログラミング教室 年長~低学年向け。プログラミングでロボットを動かそう!

クレファスcrefus/キックスkicks レゴのプログラミングキットで本格的なロボット作り、料金は高い

 1人1人の個性に合わせたカリキュラムを作成

近所のロボットプログラミング教室を探そう!