⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室はこちら!

ホームスクーリングとは?アメリカの不登校支援策について

最近、日本では不登校小学生Youtuberが話題になっています。

この小学生は沖縄県の小学校に在籍する10歳の小学5年生ですが、小学校に行くことを拒否しYoutuberとして活動していくことを宣言しており、それが世間の話題となっています。

Youtuberとして生きていくことに対しての意見は述べませんが、ここでは小学校に行かないことを選択した場合、どのような支援策があるのかということについて解説をしたいと思います。

ホームスクーリング制度

アメリカでは何らかの事情で学校に行くことができない、もしくは行かないことを選択した学生のために、ホームスクーリングというシステムがあり、無理に学校にいかなくても良いような仕組みができています。

また、法律としてもホームスクーリングを選択することが法律として認められています。

アメリカにおいて、学校に行かない理由として挙げられるのは、

1) 自宅で学校よりもレベルの高い授業を受けるため、
2) 信仰上の理由、
3) 学校の授業の質が低いため、
4) 家庭の理由、
5) 個性を尊重するため(回答の多い順)

という理由となっており、日本で考えられているようないじめが原因でホームスクールを選択するというのは全体の10%以下となっています。

実際にアメリカの大学入試テストであるSATなどのスコアを見ると、ホームスクールで学習した生徒は平均以上の成績を収めているそうです(Brian D.Ray 2015)。

さらにホームスクールを選択する生徒の数は年間2〜8%の割合で増加しています。

このようにアメリカにおけてホームスクールを選択する理由と、日本で一般的に考えられているようないじめや不登校、健康上の問題などに代表される学校に行かない理由とは少し異なります。

⇒アメリカと日本の大学の違いをまとめました。

ホームスクーリング以外の支援策

アメリカの不登校学生はホームスクール以外にはどのような支援策があるのでしょうか?

ここでは、オルタナティブスクールとオンラインスクールについてご紹介しょうと思います。

オルタナティブスクール

オルタナティブスクールのオルタナティブは「代替」という意味で、一般的な学校の代わりに一時的にオルタナティブスクールに通い、一般的な学校に戻れるように支援するのが目的です。

画一的な教育ではなく、各生徒に合わせた柔軟で多様性のある教育を行うのが特徴です。

一般的な学校よりも、教師に対する生徒の割合が低く、心理カウンセラー、精神科医、日常生活で問題や不安を抱える人々を専門的に支援するソーシャルワーカーが学校に常駐しているので、学費が一般的な学校よりも高くなります。

オンラインスクール

オルタナティブスクールよりは、手厚くはないですが、学費が安いオプションとしてオンラインスクールがあります。

その名の通り、オンライン上のカリキュラムに沿って勉強する方法です。

場所を選ばず、自分のペースででき、学校で行う勉強の他にも様々な分野のカリキュラム(例:宇宙学、哲学、考古学など)にアクセスできるのが特徴です。

ただし、ほとんどのオンラインプログラムは高校または大学レベルを対象としており、小・中学生のための支援はまだまだ手薄なのが現状です。

⇒アメリカの小学校でのプログラミング教育について。

日本でもホームスクーリングはあるの?

では日本にもアメリカのようなホームスクーリング制度は存在するのでしょうか?

結論から言うと、日本ではホームスクーリングは明確な制度としては存在していません。

より正確にいうと、日本の法律ではホームスクールというシステムは違法ではありませんが、推奨もされていないのです。

アメリカではこれまでの歴史的な経緯から学校に行かないという選択肢が法律や制度として存在しますが、日本ではそもそもホームスクーリングという選択肢が十分に議論すらされていないというのが現状です。

これまでの日本の教育制度では学校に行くことが当たり前で、家で勉強するということがそもそも考慮されてこなかったためです。

このように日本ではホームスクーリングが制度として存在していないため、不登校やホームスクールを選択する子供に対する支援策が十分に存在していないというのが現状です。

一方で、学校に行くことは子供の権利であるため、子供が親に「学校に行きたい」と言えば親は学校に行かせる義務があります。

これが義務教育の「義務」の意味です。

また、子供が「学校に行きたくない」と言えば行かせる必要はありません。

そのため、現状では子供が不登校になって、学校に行かずに家などで勉強をする、これ自体が日本においてホームスクーリングと呼ばれてる状態です。

このことからも明らかですが、日本とアメリカではホームスクーリングに関する状態はかなり大きく異なっています。

日本ではまだまだホームスクーリングに対する理解や制度支援が成熟していないですが、今後、子供の教育に対する要望が多様化していくにあたって

子供が自分のペースに合わせてリラックスして勉強できるホームスクールは重要なポイントとなってくるかもしれません。

⇒不登校、学校には行きたくないけど習い事には行きたい。それってあり?

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしてね。

ママ

気になる教室をみつけたら体験授業にGO!
ユウちゃんはたくさん体験してからイチバン楽しかった教室に通いはじめたよ。
⇒この教室です。

人気ロボットプログラミング教室の月謝・教材費を比較

教室名をクリックすると詳細ページに移動します。

←スマホは横にスクロールしてください。

入会金
0円
月謝
1万円以下
教材費
3万円以下
その他
ヒューマンアカデミーロボット教室
入会金月謝が安い教材費が安い追加費用が少ない
10,0009,00028,500
アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ
入会金が安い月謝が安い教材費が安い2年目の教材費16,000円。
月謝等は個々の教室により異なります。
なし7,50025,000~
クレファス/キックス
高いほぼ毎年追加教材費あり
20,00013,00024,000~
リタリコワンダー
15,00011,00062,500
こどもプログラミング教室
入会金プログラミングのみ。
ロボットは作りません。
10,0009,000600
テックキッズスクール
プログラミングのみ。
ロボットは作りません。
なし19,0002,000/月
Z会プログラミング講座
通信教育
なし3,935~24,000
D-SCHOOLオンライン
通信教育
なし3,685~3,000~
レゴスクール
高い毎年教材費あり
10,000~12,5008,400~
アクシス
月額教材費:1,980円
なし7,390貸出
プログラボ
高い無料貸出。購入可5~6万円
なし9,000貸出
もののしくみ研究室
入会金が安い月謝が安い教材費が安い毎年追加教材費あり
5,0008,00027,000
ロボ団
高いiPadを持っていない場合
できれば購入
10,00011,000貸出
スタープログラミングスクール
高いコースにより異なる
6,0009,000~60,000
トライ式プログラミング教室
入会金が安い月謝が安い教材費が安い教材の分割払い可能
10,00014,00045,000

*税別です
*別途テキスト代・維持費等が毎月かかる教室もあります。(数百円~数千円)
*教材費は初回に必要な金額です。
*同じ教室内でも月謝が異なることがあります。

MEMO

人気ロボットプログラミング教室の「小学1年生」が入学できるコースの比較。

・ヒューマンアカデミーロボット教室:ベーシックコース
・アーテックエジソンアカデミー:自考力キッズ
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・Z会プログラミング講座:基礎編
・レゴスクール:イノベイター

教材費

教材費は入会時に購入。さらにコース変更するごとに教材購入のために追加費用が発生することもあります。

教材を貸出してくれる教室のほうが初期費用で比較すれば絶対に安いです。ただし、実際に教室に通学しはじめると自宅で復習したり遊びたくなるので、結局購入することが多いようです。

【ロボットクリエイター高橋智隆監修を教材に使用している教室】

ヒューマンアカデミーロボット教室

【アーテックブロックを教材に使用している教室】

アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ 自考力キッズは幼児・年長のロボットプログラミング教室

【レゴマインドストームEV3を教材に使用している教室】

クレファスcrefus/キックスkicks litalicoワンダー  Z会プログラミング講座・通信教育

ママ

いっぱい体験してから入会を決めればいいよ。まずは楽しみましょう。
自作ロボットのイラスト

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室 d-schoolオンラインプログラミングスクール

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

ヒューマンアカデミーロボット教室 アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ クレファスcrefus/キックスkicks litalicoワンダー

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

全国1300教室(ヒューマンアカデミー) 全国900教室(エジソンアカデミー) 全国200教室(こどもプログラミング教室) 全国110教室(クレファス) 通信教育(Z会)

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

学費・教材費の比較はこちら!

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

体験授業にいってきました

ヒューマンアカデミーロボット教室 月謝が安い&追加費用がないロボット教室

アーテックエジソンアカデミー/自考力キッズ ロボット作りとプログラミングを両方学べる

自考力キッズは幼児・年長のロボットプログラミング教室 年長~低学年向け。プログラミングでロボットを動かそう!

クレファスcrefus/キックスkicks レゴのプログラミングキットで本格的なロボット作り、料金は高い

 1人1人の個性に合わせたカリキュラムを作成

近所のロボットプログラミング教室を探そう!