⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

ジーニアスクラブ(機械工学・プログラミング教室)の口コミ評判

ロボット・プログラミング教室は日本全国で開講されていますが、小学校低学年から参加できるものが多いです。

中には幼稚園児を対象にした教室もみられます。

愛知県知多郡で運営されているジーニアスクラブは、小学4年生以上を対象年齢としています。

その分、高度でより複雑なプログラミングスキルを獲得できるとして注目を集めています。

ジーニアスクラブで論理的思考が身に付けよう

男の子、犬、ロボットのイラスト

子どもの学力を上げるにあたって、論理的思考力が身についているかどうかは重要なポイントになりえます。

物事を筋道立てて考えないと、どの教科でもなかなか理解にたどり着けません。

ジーニアスクラブではロボットの組み立てやプログラミングを学習することで、このような論理的思考を身に着けられるような授業を行っています。

また小さなころから機械工学やプログラミングを学習することで、理系科目への苦手意識を持たないようにすることも目標に置いています。

ロボットを動かしながらの学習なので、楽しく勉強できるところも魅力といえます。

マニュアルのない授業

男の子の好きなもの(車・ギター・ロボットのおもちゃ)

通常教育現場では、どのような内容をどうやって教えるか、一種のマニュアルのようなものがあります。

ところがジーニアスクラブの特徴として見逃せないのが、この教育に関するマニュアルを用意していない点が挙げられます。

マニュアルがなくてどのように学習するのか疑問に感じるという人もいるでしょう。

しかしジーニアスクラブでは、プログラミングにウエイトを置いて授業を行っているので、特別問題がありません。

むしろマニュアルのないことで、子どもたちが自主的に学習できます。

どうやったら思い通りにロボットを動かせるのか、子どもたちは試行錯誤しながら答えを導き出していきます。

このように悩んで答えを出したときに達成感を得られるわけです。

少人数制のプログラム

自転車・ケーキ・男の子・女の子のイラスト

ジーニアスクラブのカリキュラムを見てみると、一クラス当たりの人数を少数精鋭に絞っています。

小人数のほうがより丁寧な指導ができるからです。

また実験・研究はクラスの仲間と一緒になって進めていきます。

その中でいろいろと意見交換するのですが、他人がいる中でどうやって自分の意見を通すか、相手の意見を聞く耳を持つなどのコミュニケーションスキル・協調性を獲得できるような授業スタイルをとっています。

また1回あたり2時間・月2回のスケジュールで授業を行っています。

これは子どもたちが集中して授業に参加するのに適度なボリュームといわれているからです。

ロボット教室の体験レポートをもっとみる!

ジーニアスクラブの所在地

太陽・ダイヤ・お絵かき・花・子供

知多郡武豊町

ジーニアスクラブの公式サイト

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしよう!

ロボットプログラミング教室の学習内容

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー満足・評判月2回 90分年長~口コミ
9,00028,500全国1300
リタリコワンダー月2回 90分小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回 50分年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回 50分年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・リタリコワンダー:コースにより異なる

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!