⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

こどもビスケット開発室の口コミ・評判

プログラミングというと、大人でもなかなか理解できない難解なものというイメージを持つ人もいるでしょう。

しかし「ビスケット」というビジュアルプログラミング言語の場合、大人はもちろんのこと、4歳以上の子どもでも楽しくプログラミングができるといいます。

このビスケットを使ってプログラミング教室を展開しているのが、「こどもビスケット開発室」です。

子どもに将来のため、プログラミング技術をマスターしてほしいと思っているのであれば、こちらの授業に参加させてみるのはいかがですか?

ロボットプログラミング教室の月謝を比較!

そもそもこどもビスケット開発室とは何?

ロボット迷路

デジタルポケットというところが、先ほど紹介したビスケットというビジュアルプログラミング言語を開発しました。

このビスケットのタブレット版を開発して、こちらを使って子どもたちが楽しくプログラミング技術をマスターできるように開講されたのが、こどもビスケット開発室です。

小学校3年生以上を対象にしたプログラミング教室で、ビスケットの開発者も講師陣の中に名を連ねています。

まだリリースされていない新しい機能にもいち早く触れられるのも魅力の一つです。

教室は少人数形式を採用していますので、それぞれの技術レベルに応じた授業を提供できます。

楽しみながらプログラミング技術を獲得できる

ロボットは何体あるでしょうか?

こどもビスケット開発室の特徴の一つとして、プログラミングの学習を楽しみながらできるところです。

楽しく飽きることのないような授業内容にあらかじめ設計されているので、子どもたちがコンピューターに対して興味が持てるようになります。

これからの時代、コンピューターとは早かれ遅かれ付き合っていくことになるでしょう。

すでに業種関係なく、ビジネスを進めるためにパソコンはもはやなくてはならないツールになっています。

早めにコンピューターに慣れさせることは、子どもの将来を考えるとプラスになることはあっても、マイナスにはならないはずです。

ロボット・プログラミング教室ランキング!

子どもたちが開発に携われる

ロボットのパズルゲーム

基本的にこどもビスケット開発室では、ビスケットの既に搭載されている機能を使ったプログラミング技術の獲得を目的としています。

しかしビスケットはまだ完成形ではありません。開発の進められている新機能もあります。

授業の中で、この新機能の開発に子どもたち自らもかかわることも可能です。

ただ受け身で学ぶのではなく、自ら主体的にプログラミングにかかわっていくこともできるわけです。

このため、想像力を向上させる意味でも教室に通わせる意味があるでしょう。

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

こどもビスケット開発室の所在地

目的地につけるかな?

渋谷区 千代田区

こどもビスケット開発室の公式サイト

ママ

気になる教室をみつけたら体験授業にGO!ユウちゃんはたくさん体験してからイチバン楽しい教室に通いはじめたよ。

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしてね。

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー月謝が安い教材費が安い教室数が多い月2回
90分
年長~口コミ
9,00028,500全国1300
エジソンアカデミー月謝が安い教材費が安い教室数が多い月4回
60分
年長~口コミ
7,50025,000~全国900
リタリコワンダー月2回
90分
小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回
50分
年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回
50分
年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・エジソンアカデミー:レベル1
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・エジソンアカデミー:アーテックブロック
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・レゴスクール:コースにより異なる。毎年教材費がかかります。

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

*エジソンアカデミーは小4~、小3以下は自考力キッズ。

自作ロボットのイラスト

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!