⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

コードキャンプキッズ(Code Camp KIDS)の口コミ・評判

code camp kids コードキャンプキッズ

知的探究心が旺盛な小学生からプログラミングについて学べるのがコードキャンプキッズ(Code Camp KIDS)です。

コードキャンプキッズの様々な特色について説明しましょう。

コードキャンプキッズってどんなところ?

子ども達が持っている創造する能力を最大限に活かそうとするのが、コードキャンプキッズという教室です。

プログラミングについて学ぶことで、子ども達がこれからのデジタル社会を生き抜く力を伸ばせるようにサポートしていきます。

ビジュアルプログラミングを使って、子供の創造して実現するスキルをアップ。

ゲームやアプリの開発までが出来るような、プログラミングの基礎を学べますよ。

プログラミングをする時には、物事を順序立てて考えたり、法則を組み立てたりする必要があるため論理的思考力が育ちます。

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

コードキャンプキッズの特徴

コードキャンプキッズが他の教室と違うところは、オリジナルの教材を使ってプログラミングを学べることです。

違った年齢と違った能力を持つ子供が、自分に最適化されたカリキュラムで学んでいくことが出来るのです。

子どもが持っているアイデアを、どのようにアウトプットしたら良いのかを教えれくれます。

コードキャンプキッズでの学習を通し、子供は楽しいという気持ちを持ちながら、さらに意欲的に勉強を進めていけます。

コミュニケーションの力や、プレゼンテーションの能力を伸ばせるのもコードキャンプキッズの特徴と言えるでしょう。

授業の中で定期的に発表の機会があるので、子供は自然とプレゼンテーションのスキルを高めることができます。

ロボット・プログラミング教室ランキング!

コードキャンプキッズのコースの紹介

コードキャンプキッズには、Scratchプログラミングコースがあります。

Scratchプログラミングコースでは、マサチューセッツ工科大学が開発した、Scratchと呼ばれるプログラミング言語を学ぶことが可能です。

学んだScratchを使って、オリジナルのシューティングゲームやアクションゲームを作れるようになります。

基礎をずっと学ぶだけでは無くて、新たなゲームの開発という課題があるので飽きずに学ぶことができますよ。

他にもロボットプログラミングコースがあります。

ロボットプログラミングコースでは、SpheroやOzobotなどのロボットを、プログラミング言語を使って制御する方法を学びます。

コードキャンプキッズのカリキュラムを通して、子ども達の未来は広がっていきます。

子どもが持っている知的探究心を刺激しながら、新たな知識を学んでいけるコードキャンプキッズは、現代に必要な習い事なのかも知れません。

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

コードキャンプキッズの所在地

ロボット教室プログラミングスクールの所在地・住所

品川区 オンライン

コードキャンプキッズ(CodeCampKids)公式サイト

ママ

気になる教室をみつけたら体験授業にGO!ユウちゃんはたくさん体験してからイチバン楽しい教室に通いはじめたよ。

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしてね。

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー月謝が安い教材費が安い教室数が多い月2回
90分
年長~口コミ
9,00028,500全国1300
エジソンアカデミー月謝が安い教材費が安い教室数が多い月4回
60分
年長~口コミ
7,50025,000~全国900
リタリコワンダー月2回
90分
小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回
50分
年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回
50分
年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・エジソンアカデミー:レベル1
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・エジソンアカデミー:アーテックブロック
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・レゴスクール:コースにより異なる。毎年教材費がかかります。

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

*エジソンアカデミーは小4~、小3以下は自考力キッズ。

自作ロボットのイラスト

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!