⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

小学生のロボット教室『ロボティスクラボ』の口コミ評判

子どもの知的好奇心をくすぐるとして注目を集めているロボット教室ですが、ロボティクスラボもその中の一つです。

リバネス・ロボティクス研究所というところが運営していて、主に子ども向けにロボットの制作方法についてレクチャーしています。

ロボットプログラミング教室の月謝を比較!

4年間・じっくり時間をかけた教育

キュートな人型ロボット

通常ロボット教室では、ロボットキットを使って組み立て・プログラミングを行うのが一般的です。

しかしロボティクスラボの場合、さらにその前の段階・紙や金属、プラスチックといった素材を加工する段階から学習できます。

より本格的なモノづくりについて学習させたいと思っているのであれば、ロボティクスラボは有力な候補になるでしょう。

またロボットスクールを見ると、短期間のカリキュラムであることが多いです。

しかしロボティクスラボでは、4年間の長期間のカリキュラムになっているところも特色の一つといえます。

長期間じっくりと学ぶことによって、より土台をしっかり固めながら学力アップが図れます。

「ロボット教室」体験授業に参加するには?

段階を経てスキルアップできるカリキュラム

ロボコン用戦闘ロボット

ロボティクスラボは先に紹介したように、4年間の長期スパンで学習を進めていきます。

1年間通じて一つのテーマを決め、段階的に学力向上できます。

最初の1年間はモノづくりに関する素材を使った工作によって、それぞれの持つ特性を学びます。

2年目は動力や機構といった、ロボットのシステムについて学習します。

3年目に入ると、電子回路に関する知識や技術を獲得できるような授業を進めます。

そして最後の年度にマイコンのプログラミング方法をマスターして、オリジナルロボットの制作に携わります。

全くロボットやコンピューターに関する知識のない子どもでも、段階を踏んで勉強できるので自分のロボットを製作できるレベルまで向上できます。

ロボット・プログラミング教室ランキング!

応用力や創造力を育成できる

AIで考える力のあるロボット

ロボティクスラボでは、作る・学ぶ・工夫するというサイクルを重視した学習システムを整備しています。

ただ単に工作キットを組み立てておしまいではなく、原理を学ぶために手を動かすような授業をとっています。

体に覚えさせることによって、ロボット制作に欠かせない技術を獲得させます。

またロボティクスラボではチャレンジタイムなる時間を設けています。これは自分のアイデアを形にする工程です。

それまでに学習した知識・スキルを駆使して、自分で考えて制作するので応用力や創造力などを身に着けられます。

ただ単にロボット制作に関するスキルが身につくだけではないのです。

ロボティスクラボの所在地

飛んだり跳ねたりできるヒューマノイドロボット

東京都新宿区 大阪市中央区 沖縄県那覇市

ロボティクスラボの公式サイト

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしよう!

ロボットプログラミング教室の学習内容

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト

自作ロボットのイラスト

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー満足・評判月2回 90分年長~口コミ
9,00028,500全国1300
リタリコワンダー月2回 90分小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回 50分年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回 50分年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・リタリコワンダー:コースにより異なる

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!