本文へスキップ

子どもロボット教室プログラミング教室。無料体験授業レポート、口コミ評判

トップページ教育 > 集団行動が苦手な子どもはどうしたらいいの?

集団行動が苦手な子どもはどうしたらいいの?


子どもがひとりで行動していても、あまり気にならなかった幼稚園や保育園。

けれど小学校の授業参観に行ったら、なんとなく我が子の単独行動が目立つような気がする。

「もしかして、自分の子どもだけが、ちがった行動をとっている?」

「どうしてみんなと一緒にできないの?」

と心配になることがありませんか?

今回は集団行動が苦手な子どもはどうしたらいいのか?についてお話します。

なぜ?うちの子どもだけが違うことをしているの?

集団に馴染めない男の子

小学校の授業では、40分間、クラスのみんなが同じ課題に取り組むのが一般的ですよね。

算数や国語、図工や体育などの授業参観をみると、みんなで一緒にやっているものです。

そんな中、自分の子どもだけが、立ち歩いていたり、授業に集中しないで他のことをやっているのを目にしたお母さんは、とても不安になるかもしれません。

そういった、子どもは、みんなと同じことをすることが苦手ということでしょうか。

いわゆる集団行動がとれない子なのでしょうか。

みんなと一緒にできない理由を考えてあげよう

一人ぼっちの女の子

子どもの中には、みんなと一緒のことができないで、授業中に立ち歩いてしまったり、別のことを始めてしまったりする子もいます。

多くは、そのことに興味がなかったり、おもしろくないと感じたりするので、やる気が出ないということが原因です。

それでも、子どもはしだいに多少は我慢できるようになり、足並みをそろえることができるようになっていくものです。

そんな成長過程が一般的ですが、それでも、みんなと同じことをしようという気持ちが起きなかったり、我慢して合わせるということができなかったりする子もいます。

しばらく様子をみても、思うように集団行動ができない場合は、何が嫌なのか、何が難しいのか、何が大変なのかということを子どもと一緒に考えてあげることがまずは一番大切なことなのです。

親にできることってある?

小学生のグループ

親や先生など、周りの大人は、集団行動ができないことを叱ることはやめましょう。

集団行動が苦手な子どもに、叱っても効果はありません。

むしろ叱ることにより、より嫌なことという観念が定着し、かえって苦手意識が高まってしまう場合もあるのです。

まずは、できない集団行動のひとつひとつについて、何がどんな風に嫌なのかを確認し、何がどれくらいならできるのかをみつけてみてください。

たとえば、朝会の時間に体育館にずっといられなくて、あちらこちらに歩き回ったり、座ったりするという場合なら、どのくらいならみんなと同じように立って聞いていられるかを子どもと一緒に確認します。

そして、「校長先生のお話はみんなと一緒に並んで立って聞く。」という約束をします。

それができたら、もう少し長くする。

できなかったら最初の挨拶だけはみんなと同じようにするなどと約束を変えていきます。

大切なことは、子どもができることを認めて、さらにもっとできるようにしていく、自信をつけさせていくことで、自分も集団行動ができるという自己肯定感を高めてあげることが大切です。

ロボット教室で集団行動を身につけよう

ロボット教室、子供たちのチームワーク

ロボット教室では学んだ技術力を活かして、ロボッコンテスト(ロボットの競技大会)に出場します。

一人でも参加できますが、チームを組んで参加することもよくあります。チームメイトと協力して優勝を目指すのです。

ふだんは集団行動が苦手な子でも、好きなこと・得意なことならムリなくお友だちと協力することの楽しさを学べることでしょう。

集団行動のまとめ

ピースサインをする少年少女の

集団行動は、絶対にしなくていけないというものばかりではありません。

できるだけ参加できるようにしてあげるよう周囲の大人がゆっくりと見守って、手伝ってあげることで、できることも増えていくものです。

ロボットプログラミング教室ナビゲーション