⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

ヴェリタスロボットスクールの特徴・口コミ・評判・月謝・費用

世界的にプログラミング技術の需要が高まっている中で、ロボット・プログラミングのスキルは存在感を増しています。

ヴェリタスロボットスクールは、子どもがしっかりと技術を身につけられるようサポートします。

ロボットプログラミング教室の月謝を比較!

ヴェリタスロボットスクールの魅力

ヴェリタスロボットスクールでは、子どもの四つの能力をアップできます。

★問題解決能力

★知的好奇心や探求心

★論理的思考能力

★表現力

ロボット・プログラミングを学ぶときには、色々なエラーが出るために問題解決能力が鍛えられます。

常に新しいことを学び実践していく環境が、ヴェリタスロボットスクールにはあります。

子どもは知的好奇心や探究心をドンドン伸ばしていけるので、この点はママにとって嬉しいポイントではないでしょうか。

物事の仕組みを考えながらプログラミングをしていくため、論理的思考能力がアップしていきます。

自分で作ったものを他の人に説明するときに、表現力が伸びます。

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

カリキュラムの特徴

ヴェリタスロボットスクールは子ども達が大好きなロボットを作りながら、楽しんでプログラミングについて学んで欲しいと願っています。

そのために、ロボットを完成させる結果だけでは無くて、子どもがどんな気持ちで取り組んでいるかを重視します。

難しくても子ども自身が、やりきったと思えるようにサポートしてくれるのです。

ロボット・プログラミングについて学んでいくと、力学や動力の仕組みについての知識も深まります。

自然と物理や化学の知己が付いてくるような、カリキュラムの特徴がありますよ。

理系の分野に強い子どもを育ちます。

ロボット・プログラミング教室ランキング!

どんなコースで勉強できるの?

レッツスタートロボティックスコースと、ワールドロボティックスコースの二つのコースがあります。

最初のレッツスタートロボティックスは、5歳から受講することが出来、歯車や滑車などのシンプルな教材を使って、ロボティックスの基礎を学びます。

ワールドロボティックスコースでは、科学や技術、そして工学や数学の分野を総合的に学べます。

STEM教育という、最先端の教育スキルが使われています。

小学校3年生から受講することが出来、中学校3年生までが学べる内容です。

教育版レゴマインドストームEV3が使われているので、質の高い授業を受けられます。

ヴェリタスロボットスクールでは、子ども達が自分たちのあらゆる能力を伸ばしていけます。

自分のレベルにあったコースを選択できるので、マイペースな学習に適しているでしょう。

ヴェリタスロボットスクールの月謝・費用

ヴェリタスロボットスクールの所在地

東京都(豊島区 世田谷区) 埼玉県(新座市 所沢市 川口市 さいたま市

ヴェリタスロボットスクールの公式サイト

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしよう!

ロボットプログラミング教室の学習内容

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト

自作ロボットのイラスト

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー満足・評判月2回 90分年長~口コミ
9,00028,500全国1300
リタリコワンダー月2回 90分小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回 50分年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回 50分年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・リタリコワンダー:コースにより異なる

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!