⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

meiko code power(メイコーコードパワー)プログラミング教室の口コミ・評判・月謝

メイコーコードパワー

パソコンが無くても、すぐにプログラミングについて学び始められるのがmeiko code power(メイコーコードパワー)です。

明光義塾が提供しているロボット・プログラミング教室ですが、どんな事を教えてくれるのでしょうか。

meiko code powerのおすすめポイント

meiko code powerでは、パソコン初心者であっても、画期的な方法でロボット・プログラミングについて学べます。

カラーコードと紙を使いながら、プログラミングに必要な思考を徹底的に鍛えていきます。

これまで明光義塾で培ってきた個別指導のメソッドを、プログラミングにも応用し、子ども一人一人の能力に合わせた指導をしてくれます。

ママは息子が授業について行けるか心配になるかも知れませんが、meiko code powerなら安心して任せられますね。

meiko code powerは、専門コースでゲームやアプリを作る方法を学べるのもおすすめポイントです。

学習内容

カリキュラムの中にBasicコースがあります。

Basicコースでは、ロボット・プログラミングのやりがいとか楽しさを学んびます。

プログラミングについて何も知らない小学生でも、論理的な思考力を身につけられるようになっています。

meiko code powerの授業で使われる、小さなかわいいロボットを自在に動かせるように進歩します。

最初にプログラミングに必要な思考方法を学び、Ozocodeタブレットを使うことで、コンピューターを使ったプログラミングについて慣れるようになっています。

ブロックプログラミングを使って、ロボットをどのように自分の意志通りに動かしたら良いかも学べます。

ステージが上がるごとに、徐々にプログラムの複雑な機構や仕組みについて理解していきますよ。

ロボット・プログラミング教室ランキング!

ロボット・プログラミングの技術って必要なの?

meiko code powerで学ぶロボット・プログラミングの技術は、必要なのでしょうか。

現在の身の回りの生活は、ITに依存しているものです。

インターネットやスマートフォンなどが欠かせないライフスタイルのために、ロボット・プログラミングの技術が必要とされています。

今の小学生が成人になる頃には、AIなどが採用されて多くの職業が自動化されている可能性があります。

そんな時に就職に助けになる技術が、プログラミングなのです。

政府もその点に気がついているため、2020年から小学校でプログラミングの教育が必修化されます。

海外ではすでに必修化されているプログラミングを、効率的な学べるのがmeiko code powerです。

meiko code powerでは、今後日本で必修化されるプログラミングについて学べます。

少しでも早い時期から子どもがプログラミング言語を学ぶことにより、将来のための備えをして上げたいですね。

meiko code powerの入会金・月謝・費用

入門コース(月2回)月謝:7,020円 1回あたり60分授業

入門コース(月4回)月謝:10,692円円 1回あたり60分授業

ロボットプログラミング教室の月謝を比較!

meiko code powerの所在地

ロボット教室プログラミングスクールの所在地・住所

さいたま市 所沢市 川越市 川口市 大田区 川崎市 横浜市 印西市 松戸市 名古屋市 堺市 他多数

meiko code power公式サイト

ママ

気になる教室をみつけたら体験授業にGO!ユウちゃんはたくさん体験してからイチバン楽しい教室に通いはじめたよ。

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしてね。

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー月謝が安い教材費が安い教室数が多い月2回
90分
年長~口コミ
9,00028,500全国1300
エジソンアカデミー月謝が安い教材費が安い教室数が多い月4回
60分
年長~口コミ
7,50025,000~全国900
リタリコワンダー月2回
90分
小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回
50分
年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回
50分
年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・エジソンアカデミー:レベル1
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・エジソンアカデミー:アーテックブロック
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・レゴスクール:コースにより異なる。毎年教材費がかかります。

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

*エジソンアカデミーは小4~、小3以下は自考力キッズ。

自作ロボットのイラスト

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!