⇒実際に体験したので口コミします。

ビバレッドキッズ(アビバキッズ)の口コミ・評判。プログラミングの習い事。

アビバ(AVIVA)というとパソコンスクールであることは、ご存知の方も多ですよね。

チラシやコマーシャルなどで宣伝を広く行っているので、業界の中でも知名度は高いです。

このアビバでは「ビバレッドキッズ」と呼ばれる子ども向けのプログラミング教室も運営しています。2019年アビバキッズから名称変更しました。

⇒「プログラミング教室」と「ロボット教室」と「パソコン教室」の違いとは?

ビバレッドキッズは挫折のしない授業スケジュール

アビバキッズのパソコンでスクラッチの勉強

教室に通わせるにあたって、子どもが挫折しないかどうか不安だ、というパパ・ママは多いでしょう。

ビバレッドキッズは子どもたちが授業から脱落することのないように、カリキュラムを作っています。

例えば授業のペースですが、週に1回ですし1回あたりの授業時間も50分です。

週に1回程度のペースであれば、クラブ活動やほかの習い事があってもスケジュールの調整はしやすいのではありませんか?

また1回の授業が50分というのも学校と同じくらいの授業時間ですから、子どもの注意力が散漫にはなりにくいです。

また少人数制のクラスになっているので、講師が生徒それぞれに目が届きやすい。わからないことがあっても気軽に質問できるでます。

⇒ロボットも作りたい子はヒューマンアカデミーロボット教室がおすすめ!体験授業にいってきました。

小学1年生から受講できるプログラミング教室

小学校1年生の女の子とパソコン

ビバレッドキッズの対象年齢ですが、小学1年生から高校生までです。

小学1年生といわれると、まだパソコンにもそれほど触れていないお子さんが多いでしょう。

それで授業を受けても問題ないのか、という疑問を抱くパパ・ママもいらっしゃるはずです。

しかしビバレッドキッズでは、ほとんどパソコンを使ったことのないような子ども向けのクラスも用意されているので安心です。

タイピングやインターネットの使い方といった基本的な項目から、ワードやエクセル、パワーポイントなどのオフィスソフトを自由に使いこなせられるだけのスキルアップが可能です。

コンピューターに関するスキルだけでなく、情報収集力・論理的思考力・表現力・プレゼン力など幅広いスキルを獲得できるでしょう。

⇒こどもプログラミング教室に行ってきました。体験内容を口コミします。

まずは無料体験を受けてみよう

小学校に入学して勉強をがんばている男児

初心者からでも受講できるけれども、子どもが理解できるかどうかやっぱり心配という人もいるでしょう。

そのような親御さんのために、ビバレッドキッズでは体験レッスンを用意しています。

サッカーボールを使って風船を割る、という簡単なゲームを製作するためのプログラミング技術を習得します。

スクラッチを使ってボールの動く速さ、角度などを工夫する授業を行います。

こちらの体験レッスン、無料で受講できるのでお試し感覚で気軽に受講できるでしょう。

まずは無料体験レッスンに申し込んで、子どもたちの様子を観察しましょう。

⇒プログラミング教室の効果、ヒューマンアカデミーに6年間通ったOB(の母)が口コミします。

アビバキッズの所在地

教科書とノート広げて一緒に勉強している男女

いわき 豊島区 葛飾区 新宿区 港区 町田 さいたま 川口 横浜 相模原 厚木 宇都宮 伊那 金沢 坂井 三島 静岡 藤枝 浜松 名古屋市千種区 春日井 尾張旭 一宮 豊田 安城 岡崎 豊川 豊橋  多治見 大垣 松坂 尾鷲 大阪市  神戸 姫路 倉敷 大牟田 那覇 沖縄 名護 三木 新座 泉大津 西尾 豊明 他多数

アビバキッズの公式サイト