⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

アビバキッズの口コミ・評判。小学1年生から始めるプログラミングの習い事。

アビバ(AVIVA)というとパソコンスクールであることは、ご存知の方も多いかもしれません。

チラシやコマーシャルなどで宣伝を広く行っているので、業界の中でも知名度は高いです。

このアビバでは「アビバキッズ」と呼ばれる子ども向けのプログラミング教室も運営しています。

ロボット教室の体験レポートをもっとみる!

挫折のしない授業スケジュール

パソコンでスクラッチの勉強

教室に通わせるにあたって、子どもが挫折しないかどうか不安だ、というパパ・ママは多いでしょう。

アビバキッズは子どもたちが授業から脱落することのないように、カリキュラムを作っています。

例えば授業のペースですが、週に1回ですし1回あたりの授業時間も50分です。

週に1回程度のペースであれば、クラブ活動やほかの習い事があってもスケジュールの調整はしやすいのではありませんか?

また1回の授業が50分というのも学校と同じくらいの授業時間ですから、子どもの注意力が散漫にはなりにくいです。

またアビバキッズでは少人数制のクラスになっているので、講師が生徒それぞれに目が届きやすい。わからないことがあっても気軽に質問できるでます。

小学1年生から受講できるプログラミング教室

小学校1年生の女の子とパソコン

アビバキッズの対象年齢ですが、小学1年生から高校生までです。

小学1年生といわれると、まだパソコンにもそれほど触れていないお子さんが多いでしょう。

それで授業を受けても問題ないのか、という疑問を抱くパパ・ママもいらっしゃるはずです。

しかしアビバキッズでは、ほとんどパソコンを使ったことのないような子ども向けのクラスも用意されているので安心です。

タイピングやインターネットの使い方といった基本的な項目から、ワードやエクセル、パワーポイントなどのオフィスソフトを自由に使いこなせられるだけのスキルアップが可能です。

コンピューターに関するスキルだけでなく、情報収集力・論理的思考力・表現力・プレゼン力など幅広いスキルを獲得できるでしょう。

まずは無料体験を受けてみよう

小学校に入学して勉強をがんばている男児

初心者からでも受講できるけれども、子どもが理解できるかどうかやっぱり心配という人もいるでしょう。

そのような親御さんのために、アビバキッズでは体験レッスンを用意しています。

サッカーボールを使って風船を割る、という簡単なゲームを製作するためのプログラミング技術を習得します。

スクラッチを使ってボールの動く速さ、角度などを工夫する授業を行います。

こちらの体験レッスン、無料で受講できるのでお試し感覚で気軽に受講できるでしょう。

まずは無料体験レッスンに申し込んで、子どもたちの様子を観察しましょう。

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

アビバキッズの所在地

教科書とノート広げて一緒に勉強している男女

石巻 いわき 豊島区 葛飾区 新宿区 港区 町田 さいたま 川口 横浜 相模原 厚木 宇都宮 伊那 金沢 坂井 三島 静岡 藤枝 浜松 名古屋 弥富 春日井 尾張旭 一宮 豊田 安城 岡崎 豊川 豊橋  多治見 大垣 松坂 尾鷲 鳥羽 伊勢 大阪  神戸 姫路 倉敷 大牟田 那覇 沖縄 名護 他多数

アビバキッズの公式サイト

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしよう!

ロボットプログラミング教室の学習内容

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト

自作ロボットのイラスト

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー満足・評判月2回 90分年長~口コミ
9,00028,500全国1300
リタリコワンダー月2回 90分小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回 50分年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回 50分年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・リタリコワンダー:コースにより異なる

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!