⇒体験レビュー★27校を本音で口コミ

ギフテッドの特徴。子供の見分け方と才能を開花させる方法。

ギフテッドの特徴

小学生でプロ棋士になったり、勉強しなくても試験はいつも満点という人の話を聞くとうらやましくなりますね。

このような生まれつき高い知能や才能を持つ人は、天から才能を与えられたという意味でギフテッドと呼ばれています。

その中でもIQが130を越えるような人は、音楽やスポーツに秀でた人と分けて、知的ギフテッドと呼ばれます。

IQが130を越える割合は全人口の2~3%程度と言われますので、日本には300万人前後のギフテッドがいることになりますね。40~50人に一人というと、意外と身近にギフテッドがいると思いませんか。

ギフテッドは子供の頃から才能を発揮しますが、どんな特徴があるのでしょうか?

ギフテッドの特徴

ギフテッドのIQ

ギフテッドの中でもランクがあります。

  • IQ115から129が低程度のギフテッド
  • IQ130から144が中程度のギフテッド
  • 145から159が非常に高度なギフテッド
  • 160から179だと並外れたギフテッド

IQ180以上であれば、最高クラスのギフテッドと認定され、アメリカの場合は国が認定するギフテッド関連機関での特別プログラムが受けられます。

⇒ギフテッド教育とは?才能を伸ばすならアメリカ!日本の残念な現状。

ギフテッドのIQ以外の特徴

一般的にギフテッドチャイルドはIQが高いだけではない特徴を持っています。

滋賀大学・林睦教授がアメリカで作成されたギフテッドのガイドブックを翻訳しています。

*「ギフテッドの概念と日本における教育の可能性」滋賀大学教育学部紀要 第67号(2017)

その中で、ギフテッドの一般的な特徴として、以下のことがあげられています。

  • 幼少時から並外れた集中力を持つ
  • 記憶力が良い
  • 読み書きを教えなくても自分で学んでしまう
  • 正義を重んじる
  • 情熱的・繊細である

また、ギフテッドはいわゆる秀才とは異なります。

たとえば、秀才と言われる子どもには読書好きが多いですが、ギフテッドの子どもは食事や睡眠を忘れるほど夢中になって本をむさぼり読むことが多いとされています。

早期教育でギフテッドに育てることはできない

ギフテッドの子供、どうやって見分ければいい?

このような特徴を後天的に得ることは難しいとされています。

つまり、早期教育などの後天的な教育で子どもがギフテッドに成長することはないわけです。

⇒早期教育は効果なし?幼児教育は必要?論文からメリットとデメリットを調べた。

ギフテッドの特徴を理解してあげよう。

ギフテッドは学校生活が苦手

ポストドクター(ポスドク)は博士研究員のこと

高い才能を持って生まれてくるなんてうらやましいばかりですが、ギフテッドとして生きることはそんなに簡単な話ではないようです。

NHKが6歳から60歳代のギフテッド122名に行ったアンケート結果があります。ギフテッドの91%が「学校生活に違和感があった」、90.2%が「生きづらさを感じたことがある」と回答しています。

*NHKクローズアップ現代:https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/161/index.html

天賦の才を持ちながら、なぜ生きづらさを感じなければならないのでしょう?

ギフテッドにとって、義務教育の授業は知的刺激のない退屈な時間でしかありません。

日本では誰もが同じペースで学習を進めることが原則となっています。

強い知的好奇心を持ちながら、知っていることばかり何年間も聞かされることは苦痛でしかないのでしょう。

また、ギフテッドは非同期発達という、成熟度の凸凹の激しさを示す場合があります。

ギフテッドは知能の発達が高いのに対して、判断力の発達が年齢相応か遅れていることがあります。

学校の授業中に平気でおもしろくないと言ったり、見知らぬ太った人に体重を聞くような非常識な言動を行うことがあります。

知的で大人びた話し方をする子どものこのような言動に周囲は困惑してしまいます。

さらに、科目ごとの知能の発達がアンバランスな場合もあり、自分の興味のある勉強しかしないわがままな子どもと判断されることもあります。

ギフテッドの才能を開花させるには?

また、上越教育大学・角谷詩織准教授はギフテッドの子供に対する誤診の多さを指摘しています。

ギフテッドは過興奮性を持っていることがあり、知的欲求が高いあまりに授業中に思わず誤りを指摘したり、反対に授業が退屈で空想の世界に没頭することがあり、注意欠如・多動症(ADHD)と誤解されることがあります。

そして、一つの対象を深く追求していく姿勢がこだわりの強さと受け止められたり、同年齢の子供と知的関心を共有できないために交友関係を築けないでいると、自閉症スペクトラム症(ASD)と誤解されてしまいます。

その結果、誤って薬物療法や有害な治療が行われた結果、うつ病など実際の精神疾患を引き起こしてしまうことがあります。

また、2Eと呼ばれるギフテッドでありながら発達障害である場合もあり、ギフテッドの判定は高度で総合的な判断が必要となります。

*「学校・家庭でのギフティッド児の誤診予防と適切な理解・支援のために」上越教育大学研究紀要 第39巻第2号(2020)

ギフテッドの子どもは知的欲求を満たすことで、情緒的な安定を得ることができると言われており、早い段階でギフテッドと判断することが大切になります。

ギフテッドの特徴に合った対応ができないと才能を開花できないだけでなく、生きづらさを抱えることとなるわけです。

ギフテッド教育はスタートしたばかり

欧米ではギフテッドの才能を引き出すプログラムが積極的に開発されていますが、平等さや調和を重視する日本の教育制度では、ギフテッドへの対応は大きく遅れています。

国民全体の学力の向上のためには今までの教育制度が適しているかもしれませんが、飛び抜けた才能を良しとする社会の要請に合わなくなっているようです。

ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ、イーロン・マスクなどの世界的なイノベーションを起こす人々にはギフテッドが多いと言われています。

ギフテッドだけを特別扱いすることを懸念する人もいますが、あらゆる子どもの個性を活かす教育を理想とするならば、ギフテッドのための教育も欠かせないはずです。

日本では2020年4月、東京大学大学院にギフテッド創成寄付講座が開設されました。

孫正義育英財団では2016年から高い志と異能を持った若者の支援を行っています。

その中の一人、13歳の数学者、梶田光君は2歳で九九を覚え、5歳で二次方程式を理解し、小学校の入学時点では義務教育の算数、数学は学び終えていたそうです。

彼の才能に気づいた両親は他の教科を勉強しなくても叱らず、自由に数学の勉強をさせました。

小学校への通学はあきらめてホームスクールで学んできましたが、孫正義育英財産の支援を受けて海外で学ぶことを決めたのだとか。

梶田君をはじめ社会から支援されたギフテッドたちは、私たちの社会を前進させるギフトを生み出してくれることでしょう。

⇒ホームスクーリングとは?アメリカの不登校支援について。

【参考文献】
(1)「ギフテッドの概念と日本における教育の可能性」滋賀大学教育学部紀要 第67号(2017)
(2)https://www.nhk.or.jp/gendai/kiji/161/index.html
(3)「学校・家庭でのギフティッド児の誤診予防と適切な理解・支援のために」上越教育大学研究紀要 第39巻第2号(2020)

この記事を書いたのは

大学の先生

30代大学教員 あっ君パパ

京都大学大学院修了 博士(工学)