本文へスキップ

子どもロボット教室プログラミング教室。無料体験授業レポート、口コミ評判

トップページおすすめロボット・プログラミング教室 > レゴスクールの体験授業に行ってきた感想

レゴスクールの体験授業に行ってきた感想。口コミ・評判



↑レゴスクールの様子


【体験】レゴブロックは遊びだけじゃない!放課後教育35年以上のレゴスクールの特徴とは?

レゴ🄬スクールの口コミ評判・月謝・教材費

「ロボット教室」って最近できた習い事かと思っていましたが、レゴスクールではレゴで遊びながら学ぶ、手を使った活動プログラムを35年以上前から実施しています。

子どもの想像力やコミュニケーション力、問題解決力などを養うことに古くから着手してきました。

最新の教室の様子はどのようなものでしょうか。

小学校1年生、6才の子ども

体験授業に参加したのはユウちゃん小学1年生(6才)。

ブロック遊びが大好きな女の子です。


レゴスクールはどんなスクール?

レゴブロックで遊ぶ女の子

デンマークにある本社が開発したグローバルカリキュラムに基づき、それを日本用にアレンジした授業を実施。

年齢別のクラス編成なので無理なく楽しく学べます。

1クラスの定員は6名なのですが、基本的には5名で満席とし、振替用の枠をつくっているそうです。

用事ができても同じ週の中でなら振替ができるので便利です。

他スクールとの違い

レゴスクールの教室の前にあるレゴ人形
↑教室前には大きなレゴブロックで作った大きな人形!

レゴ社認定のインストラクターのみが授業することを許されている

レゴスクールではレゴ社が定める3ヵ月のトレーニングを受け、認定試験に合格したインストラクターだけが授業をしているそうです。

どの教室に通っても先生の質にばらつきがなく、高品質な授業を受けられるとのことでした。

実際、先生方はみんな、非常に明るくハキハキとした方々で好印象でした。

教材が本家本元レゴ🄬

他のロボット教室でも使われるほど質の高い教材を、開発から手掛けています。

もちろんそれにそったプログラムを展開していますので、まさに本家本元。

教材は市販されておらずレゴスクールに入学しないと買えないものばかり。

レゴファンにとってはたまりません。

体験授業でできること!

レゴスクールの体験授業
*写真はイメージ

実際の授業を受けられます

振替枠としてとってある座席で体験授業を受けられるので、「いつもどおり」の先生と子ども達の様子がよくわかります。

机はロの字型に並んでいて、みんなが先生を取り囲むように座ります。

今回の授業では「スイッチ」を学びました。

まずみんなで手をつないで、右手を握られたと思ったら左手を握るという「スイッチゲーム」をして電流が流れていく様子を体感します。

そして部屋の中でいろいろな「スイッチ」を探し、テキストで内容理解を深めてから組み立てに入ります。

同学年同士ですし、みんなが新しいことを学ぶので体験の生徒でも特に取り残されることもなく楽しんでいました。

組み立てたあとは、保護者が教室の中に呼ばれ、子ども達が「今日学んだこと」を保護者にプレゼンします。

「何を学んだのか」「どんな工夫をしたのか」をアウトプットすることでより学習内容の定着を図るということでした。

実際に体験授業に参加した感想

体験授業でのレッスン風景
↑実際の体験授業の様子です。集中して作業中!

いいなと思ったところ(メリット)

メリットレゴ®ブロックいっぱいのカラフルなお部屋が楽しい雰囲気で、子ども達もワクワク授業を受けていました。

メリット1クラスが同じ学年の生徒5~6名で、目が行き届くと同時に子ども同士のコミュニケーションもあるのは良かったです。

同学年なので多少張り合う気持ちもあり、「自分のほうができる」「自分のほうがわかっている」とアピールするためにより積極的に授業に参加できる様子でした。

んーーと思ったところ(デメリット)

デメリット人気があるのはいいのですが、土日など都合のつきやすい時間帯はすでに満席。

今後クラスが増える可能性はあるものの、現状では空きを待つか通いにくい時間帯でも我慢しないといけません。

平日の学校終わりに送迎をして通うのは少し大変そう。

デメリット体験授業でも有料(3,900円)。

「それだけのものを提供している」という自信にも感じますが、初回くらい無料でもいいのになぁ……と。

ちなみに、そのまま入会すれば体験料はその月の月謝の一部として扱われるそうです。

通うとしたら費用はいくらかかる?

レゴスクールのオリジナル教材
↑レゴスクール公式サイトより

コースは、生年月日(学年)で分けられていて、3歳児から通うことができます。(Explorerコース:月謝9,500円)

教材費(ブロックセット代)は対象年齢によって毎年8,400円~53,040円かかってきます。

その他、ワークブック代が毎年5,000円、指導関連費が毎月1,000円かかります。

6歳児からのカリキュラムInnovatorコース(小学校1年生)の場合

(税抜き価格)

【入会金】
10,000円(進級時と転校時は不要)

【教材費】
19,800円または8,400円(希望すれば両方)+ワークブック費 5,000円

ちょうど幼児から学童への変化の時ですので、5歳児と同じ少し大きめのブロックか、小さめのブロックかを選べます。もちろん両方揃えることもできます。

【入会後の追加教材費】
毎年、教材費がかかります。

小学2・3年生:ワールド・サイエンスコース…24,100円
小学2・3年生:コードクリエイターコース …24,000円
小学3・4・5年生:ワールド・ロボティクスコース…53,040円
小学3・4・5年生:ワールド・ロボティクスコース(2年目)…14,600円(任意教材)

いずれもワークブック代5,000円は別途必要です。

※ワールド・ロボティクスコースで使用されている「教育版レゴ®マインドストーム®EV3基本セット53,040円が他のロボット教室でよく使われています。

【月謝】
1回50分×月平均3回(年間42回) 12,500円

上記にプラスして、月指導関連費が別途1,000円必要です。

月謝は他のロボット教室とあまり変わりませんが、教材費とワークブック、月指導関連費がじわじわと家計を圧迫しそうな気配です。

でも、元々レゴが好きな親御さんなら、市販されていないものをコレクションできるという楽しみもありそうです。

ロボットコンテスト関係

ロボットコンテスト

低学年が参加できそうなものはないのか、特に案内をされませんでした。 でも、レゴといえば「FIRST® LEGO® League(ファーストレゴリーグ)」!

国内からは約600人が参加し、世界88ヵ国、25万人が参加する知の祭典です。

レゴスクールは世界の7つの国と地域に展開しており、65,000人の受講者がいます。

世界の同世代の子どもたちと切磋琢磨できる点が素敵です。

全体の感想

体験授業で作ったレゴブロックで作ったロボットです。
↑ユウちゃんが作ったロボット!!

レゴスクールの体験授業終了後には、その日に作ったロボットと共に写真を撮り「体験レッスン終了証」をいただきました。

はじめて行った場所にもかかわらず、娘は先生にも教室の雰囲気にもすぐに馴染み、終始楽しそうでした。

教室がちょうどいい感じにこじんまりしていることと、机がロの字型に配置され一体感があるからか、子ども達から活発に発言があり活気ある授業展開でした。

娘も「よくこんなにニコニコできるな」と思うくらい、ずっと笑っていました。

小学校1年生、6才の子ども

ユウちゃんは現在、ヒューマンアカデミーロボット教室に通っています。

レゴスクールと比較すると…費用がリーズナブルです。

年長さんのプライマリーコースに入会した際に購入した教材を、小学生のベーシックコースでも使えます。

月謝&教材費は圧倒的にヒューマンアカデミーロボット教室が安いです。

進級するするたびに教材を買い足す必要がないので、経済的な負担が少なくてすみます。

また、ヒューマンアカデミーロボット教室は毎回違うロボットを作るので、ユウちゃんはワクワク楽しく通学しています。

作ったロボットで年上のお兄ちゃんと一緒に遊ぶことも。女の子はまだまだ少数だけど男女ともに楽しめる習い事です。

⇒体験談ブログはこちら!

レゴスクールの所在地

レゴブロックで虹を作りました

仙台 富士見 さいたま 港区 世田谷区 品川区 武蔵野 立川 横浜 川崎 藤沢 千葉 名古屋 日進 四日市 大阪 豊中 西宮 神戸 京都 奈良 那覇 他

レゴスクール公式サイト


ロボット教室の選び方がわからないママ友 


ロボットプログラミング教室の選び方

選び方

『ロボットプログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。


チェックポイント

目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。


教室選びポイント

通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。


習い事の選び方

大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。


小学生の習い事

月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。


チェックポイント

体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!


近所のロボットプログラミング教室を探そう!


ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト



人気ロボット・プログラミング教室ランキング

ロボコン入賞の小学生

当サイトの人気ランキングです。

人気ランキング1位ヒューマンアカデミーロボット教室人気

ロボット・プログラミング教室人気ランキング1位全国1200教室。急拡大中の大手ロボット教室。

「楽しい!」「おもしろい!」小学生の間で人気爆発。

ロボットを製作するコースとプログラミングコース、両方あります。

月謝:9,000円(税別)。

対象年齢:5歳~(幼稚園年長)

⇒無料体験授業レポート!月謝の詳細はこちら。

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト


人気ランキング2位D-SCHOOLオンライン

ランキング2位オンラインスクール。

自宅の近くに教室がない子、マイペースに学びたい子に人気!

プログラミングと英語を同時に学んでオリジナルのロールプレイングゲームを作るコース(月謝:3,685円 税別)。

ロボットプログラミングを学習するコース(月謝:4,980円)など、全4コース。

通学と比較して学費が安い!(小学1年生~)

D-SCHOOLオンライン公式サイト


人気ランキング3位テックキッズスクール(Tech Kids School)

小学生ロボット教室プログラミング教室ランキング3位

ロボットはいいからプログラミングをだけを学びたい小学生に人気!

IT企業「サイバーエージェント」が運営する本格的なプログラミングスクール。

対象年齢:小学2年生から6年生。

テックキッズスクール(Tech Kids School)公式サイト


プログラミング制御で動くロボットロボット教室「無料体験」の予約はこちら!


ロボットプログラミング教室ナビゲーション