⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

トライ式プログラミング教室の特徴・口コミ・評判

トライプログラミング教室

2020年から、プログラミング教育が必修化になります。

IT時代に欠かせないプログラミングについて、今から我が子に習得してもしいと願うママが増えています。

人気のトライ式プログラミング教室について調べてみました。

トライ式プログラミング教室で身につく力

トライ式プログラミング教室

トライ式プログラミング教室では、表現力と思考力、学ぶ力の3つの力を身につけることが出来ます。

子どもたちはプログラミングを通して、色々な力を付けることができます。

例えば、プログラミングによって問題を解決しながら、自分の個性を表現する力が鍛えられていきます。

プログラミングをするときには、自分の周りにある物がどういう仕組みで作られているのかを考えることが必要となります。

結果として、物事を深く考える思考力が付いてくるのです。

物を作ると楽しくなってくるので、さらに知りたいという学ぶ力も身につくのです。

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

どんなカリキュラムで学んでいくの?

ロボットのデザイン

トライ式プログラミング教室では、1つのコースが24回で終えられるカリキュラムを組んでいます。

全くの初心者であっても、ロボットの仕組みやプログラミングの基礎が学べます。

動物や音楽の楽器などプログラミングと一見関係ないものを使って、楽しくプログラミングに必要な、loop制御やif文などの関数を理解できるようになりますよ。

子ども達は自分だけのオリジナルのロボットを作る体験をしていき、プログラミングの楽しさを実感できます。

カリキュラムの最後には、子どもが自分で作ったロボットを発表する機会があるので盛り上がりますよ。

ロボット・プログラミング教室ランキング!

ママが知っておきたいプログラミング教室に関する情報

ロボットのイラスト

ママとしては我が子が、今まで全くプログラミングをしたことが無いのに、教室に入ってついていけるのか心配になるかも知れません。

トライ式プログラミング教室では、全くの初心者であってもしっかりとサポート体制があるため、授業にちゃんとついて行けますよ。

小学校の低学年からでも参加できますし、ママも一緒に授業に参加できるのは安心できるポイントです。

家にパソコンやipadが無いので、プログラミングを学べないかと心配するママもいます。

トライ式プログラミング教室では、ipadがレンタルされるので、家でも気軽にプログラミングを実践できる点も人気の理由です。

これから必修科目になって行くプログラミングは、今のうちから学ぶのに最適な教科です。

トライ式プログラミング教室での授業を通して、色々な力を培っていけるのは嬉しいですね。

ロボット教室の体験レポートをもっとみる!

トライ式プログラミング教室の所在地

トライ式プログラミング教室の場所

札幌青森弘前盛岡仙台秋田山形福島水戸つくば宇都宮前橋中央区港区文京区江東区目黒区大田区世田谷区渋谷区杉並区板橋区豊島区足立区江戸川区立川武蔵野三鷹府中調布町田さいたま千葉横浜川崎甲府長野新潟富山福井金沢静岡浜松名古屋一宮岐阜大阪神戸姫路宝塚奈良京都大津広島岡山徳島松山福岡北九州佐賀長崎熊本宮崎鹿児島 他多数

トライ式プログラミング教室の公式サイト

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしよう!

ロボットプログラミング教室の学習内容

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト

自作ロボットのイラスト

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー満足・評判月2回 90分年長~口コミ
9,00028,500全国1300
リタリコワンダー月2回 90分小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回 50分年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回 50分年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・リタリコワンダー:コースにより異なる

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!