⇒楽しかったロボット教室の無料体験レポート!!

【神栖】ロボット教室プログラミング教室一覧。写真付き体験授業レポート

茨城県神栖市の子ども(小学生・中学生・高校生)向けロボット・プログラミング教室一覧。

ヒューマンアカデミーロボット教室おすすめ

ヒューマンアカデミーロボット教室

神栖大野原 セルモ 神栖大野原教室
茨城県 神栖市 大野原3-1-12 伊藤物産ビル203

ヒューマンアカデミーロボット教室(公式サイト)

月謝・年齢・体験レポート
ヒューマンアカデミーロボット教室の無料体験授業

わが家も通学している「ヒューマンアカデミーロボット教室」。

他の教室より初期費用&月謝が安くて、きちんとした授業が受けられるので大満足!

月謝9000円(税別)。月2回、1回あたり90分。年長5歳~。

*ロボット製作を学ぶコースと、プログラミングコースあるよ。

⇒楽しかった体験授業の写真つきレポート!

赤いロボット 無料体験授業の予約はこちら!

D-SCHOOL オンライン

d-school ディスクール

オンラインスクールだから全国どこからでも学べます。

D-SCHOOL公式サイト 子どもオンラインプログラミングスクール

月謝・年齢

・対象:小学1年生~中学生

・プログラミングコース(マインクラフト・ゲーム制作)、ロボットプログラミングコース

・月謝:3,980円(税込)~

14日間無料体験キャンペーン

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!

ロボットプログラミング教室を動画でチェック!

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト

プログラミングの雑学

プログラミングで子どもの思考力を育てよう!

プログラミングスクールの先生

2020年から小学校でのプログラミング教育が必修化されます。

きっと大人たちは「難しそうだな」と感じ、 子ども達は「なんだか楽しそう」なんて感じているのではないでしょうか。

今後、社会のIT化はどんどん進みます。

人間の仕事をロボットが代わって行う時代になります。

近い将来人間の担当する職種は、「クリエイティブな仕事か、低賃金の肉体労働。」という衝撃的な予測が発表されました。

プログラミングを学ぶことは、社会を動かすシステムを理解することにつながります。

子どもの頃からのプログラミング学習により、想像力や思考能力を育てましょう。

決して、コンピューターの操作を学ぶだけが目的ではありません。

コンピュータを使いやりたいことを実現する手順を、論理的に考える力を鍛えるのです。

理論的思考力は今後の社会を生き抜く大きな力になります。

「なんだか難しい話になってきたな」と思いましたか?でも心配する必要はありません。

子ども達の好奇心と想像力さえあれば、楽しく学べます。

与えられたゲームをクリアするよりも、自分たちでゲームを作ってクリアしていく方が100倍も楽しく、ワクワクすることに気づくでしょう。

大人も子どもも、一緒に新しい時代を作っていきましょう。