⇒いちばん人気のロボットプログラミング教室の感想はこちら!

コーダー道場(CoderDojo)の口コミ・評判

コーダー道場

子どものためにプログラミングを学ばせてあげたいと思うとき、コーダー道場は有力な選択肢の1つとなります。

コーダー道場にはどんな特徴があるのか、教室の様子はどうなのかなどについて調査してみました。

コーダー道場 CoderDojoの特徴

ロボットのモーニングコール

プログラミングを学べるコーダー道場は、日本だけの教室では無くて世界を舞台に活躍している教室です。

2011年からアイルランドでスタートし、世界の85カ国で教室を持っています。

現在日本には、130以上の教室あります。

コーダー道場では、「Scratch」や「Hour of Code」、そして「HTML」などのプログラミング言語を学べます。

教室の大きな特徴は、非営利のコミュニティであるために、気軽にプログラミングを学べる環境があります。

各教室で統一したカリキュラムが無いため、それぞれが地域の子どもに合った教え方をしてくれます。

コーダー道場 CoderDojoが教育委員会をサポート

コーダー道場でプログラミングを楽しもう

コーダー道場は、自治体の教育委員会をサポートするなどの活動もしています。

自治体の中の学校でプログラミングの授業を行なったり、プログラミング言語を学ぶカリキュラムを学校側が作るサポートなどをしているのです。

子ども達がプログラミングを学ぶために活用できるミニゲームを提案したり、簡単なプログラムの作成問題を作ったりなど。

夏休みや冬休みの期間を使って、学校の先生達に子ども達にプログラミングを教える際のコツを伝授したりもしていますよ。

コーダー道場と教育委員会が、協力して行なっているイベントも人気。

コーダー道場 CoderDojoの教室の様子が知りたい

多くのママ達から、コーダー道場の教室はアットホームで落ち着くという評判があります。

「Hour of Code」というプログラミング言語を教えるときに、ディズニー映画の人気のキャラクターを使って、楽しく言語を覚えていけます。

一つ一つの課題を、子ども達皆がわいわい言いながら解決していき、自然とプログラミングの基本を学べるようになっています。

大人にも人気のSF映画を使った課題などもあり、男の子と達が飽きずに勉強を続けていける環境が魅力的。

特に人気なのが、「Scratch」を使って自分のオリジナルゲームを作れるカリキュラムです。

このカリキュラムを進めていくと、子どもの想像力などが鍛えられていきます。

コーダー道場は非営利のコミュニティなので、気軽に行きやすい環境があります。

世界中で成果を出しているメソッドや、子どもの教育についての考え方が特徴的なプログラミング教室です。

⇒人気ナンバー1★ロボットプログラミング教室の体験授業にいってきました。

コーダー道場 CoderDojoの所在地

coderdjoでプログラミング技術を学ぶ

札幌北上仙台登米秋田山形水戸つくばひたちなか前橋世田谷区渋谷区杉並区板橋区豊島区北区さいたま所沢千葉市川船橋松戸横浜鎌倉藤沢甲府塩尻新潟福井金沢浜松名古屋豊橋海津伊勢大津大阪神戸姫路奈良和歌山広島岡山鳥取徳島福岡久留米長崎那覇 他多数

コーダー道場 CoderDojoの公式サイト

⇒迷ったらロボットプログラミング教室ランキングを参考にしよう!

ロボットプログラミング教室の学習内容

ヒューマンアカデミー「ロボット教室」公式サイト

自作ロボットのイラスト

人気ロボットプログラミング教室の月謝・料金を比較

←スマホは横にスクロールしてください。

月謝 1万円以下教材費 3万円以下教室の数回数・時間対象年齢体験授業にいってきました
ヒューマンアカデミー満足・評判月2回 90分年長~口コミ
9,00028,500全国1300
リタリコワンダー月2回 90分小1~口コミ
11,00062,500円東京・神奈川
クレファス月3回 50分年長~口コミ
13,00024,000都心
レゴスクール月4回 50分年少~口コミ
12,5008,400~都心

人気ロボット教室の小学1年生が入学できるコースについて調べました。

・ヒューマンアカデミー:ベーシックコース
・リタリコワンダー:ロボットクリエイトコース月2回
・クレファス:Kicksジュニアエリートコース (スタンダード)
・レゴスクール:イノベイター

【月謝】
小学1年生が入会した場合の料金(税別)です。 別途テキスト代等の費用が発生することもあります。
上記料金は目安とお考え下さい。

【教材費】
入会時に購入する教材の費用。
・ヒューマンアカデミー:オリジナル教材
・リタリコワンダー:教育版レゴマインドストームEV3
・クレファス:教育版レゴマインドストームEV3
・リタリコワンダー:コースにより異なる

【回数・時間】
リタリコワンダーは月4回コースあり

【対象年齢】
各教室に入会できる対象年齢の目安。

ロボットプログラミング教室の選び方

ロボット教室の選び方がわからないママ友

『ロボット教室プログラミング教室の選び方がわからない?』というパパ・ママは多いのでは?

そこで失敗しない教室の選び方をポイントを絞ってご紹介します。

チェックポイント目的に合った教室を選ぼう!

「プログラミング」を学びたいのか、「ロボット」を作りたいのか、目的を明確に。

「プログラミング教室」は、プログラミング言語を学んでゲーム作りやアプリ開発をする、IT系の習い事です。

一方「ロボット教室」は、ロボット作り(ハード面)とプログラミング(ソフト面)の両方学び、モノづくり全般を勉強します。

教室選びポイント通いやすい教室を選ぼう!

教室が遠いと通うのが大変、ママも送り迎えが面倒になりますよね。

続けやすい環境の教室選びは重要。

習い事の選び方大会を実施している教室を選ぼう!

『ロボット大会に出場する!』という目標をもって学習を進められるのはポイントが高い。

大会では勝敗がはっきりしますよね、負けて悔しい子ほど成長します。

小学生の習い事月謝・費用は入会前にしっかりチェック!

費用は入会金、月謝、テキスト代、教材(ロボットキット)。

入会後に予定外の費用が発生しないようにしっかり確認しましょう。

チェックポイント体験授業に参加しよう!

飽きずに続けられるか子どものやる気をチェック!

イキイキと楽しんでいるかな?真剣に取り組んでいるかな?

そして、先生との相性・教室の雰囲気・ほかの子どもたちと仲良くできそうか、確認しましょう。

2~3校の体験授業に参加してイチバンわが子にあった教室をみつけよう!

*ロボットプログラミング教室は人気急上昇なので、どの教室もしつこい勧誘はありません。

⇒実際に体験授業に行ってきました。写真つき感想!

近所のロボットプログラミング教室を探そう!